Vernon Lee (Violet Paget)

Watts

ジョージ・フレデリック・ワッツ(George Frederic Watts)

Watts

 1817~1904年。イギリスの画家。象徴主義運動に関与した。代表作に『希望』(Hope, 1885)、『ミノタウロス』(The Minotaur, 1885)などがある。後年は彫刻にも手を染めた。
 ヴァーノン・リーは1883年にワッツ邸を訪れている。そのときのことを母親宛の書簡の中で次のように述べている。"He (Watts) is, as you know, one of the chief of the Idealists, yet separated by a gulf of fashionableness from the pre-Raphaelites. He has really done some first rate work, but now is old. He is a most charming old man." (Gunn, PP.87~88.)
 エッセイ集Genius Lociで、リーは"Mr. Watts magnificent sketch"という記述がある。ワッツはリー好みの画家であったようだ。リーとワッツは知人同士であった。
 同じく美術エッセイ集The Beautifulでは"as I remember the late Mr. G. F. Watts showing me, every curve which we look at is felt as being part of an imaginary circle into which it could be prolonged"と書いている。

Hope

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional