Vernon Lee (Violet Paget)

Walter Pater

ウォルター・ペイター(Walter Pater

Walter Pater

 1839~1894年。イギリスの美術研究家、小説家。オックスフォード大学教授。主要著書『ルネサンス』(The Renaissance: Studies in Art and Poetry, 1873)はオスカー・ワイルドをはじめとする多くの文学者に影響を与えたが、ヴァ―ノン・リーもその一人。リーのルネサンス研究書Euphorionには、『ルネサンス』の影響が濃厚である。ペイターはリーにとって「美術批評家」のモデルとなった。特に初期の美術研究書にみられるリーの唯美主義的傾向はペイターから学んだと推測される。また、長編小説Marius the EpicureanとリーのMiss Brownを比較する研究者もいる。(Catherine Maxwell ed. Vernon Lee: Decadence, Ethics, Aesthetics, P.53.)
 1881年、リーは友人のメアリ・ロビンソンとともに、イングランドを訪問し、オックスフォードでペイターと会っている。その時のペイターの印象をリーは次のように綴っている。"He (Pater) is a heavy, shy, dull looking brown mustachiod creature, over forty, much like Velasquez'Philip Ⅳ, lymphatic, dull, humorless. ...Of all the people I had met in England, he is the one who has been most civil to me." 1885年にもペイター宅を訪れていて、そのことに言及した書簡の中で"good Pater"という表現を用い、オックスフォードを離れなければならないことを嘆いている。(Complete Letters, Volume 2, P.53.)
 Renaissance Fancies and Studiesにおいては、ペイターについて"his (Pater's) conception of art, being the outcome of his whole personal mode of existence, was inevitably one of art, not for art's sake, but of art for the sake of life―art as one of the harmonious functions of existence"と述べている。

Marius the Epicurean

 さらに、ペイターの代表的長編小説Marius the Epicureanの主人公マリウスについて、Renaissance Fancies and Studiesにおいて次のように書いている。"He (Marius) began as an aesthete, and ended as a moralist. By faithful and self-restraining cultivation of the sense of harmony, he appears to have risen from the perception of visible beauty to the knowledge of beauty of the the spiritual kind, both being expressions of the same perfect fittingness to an ever more intense and various and congruous life."
 旅行記The Sentimental Travelerでは、"Pater's local descriptions are full of the purity of sunny orchards and running waters."と書いている。
 Laurus Nobilis収録の'The Use of Beauty'では、"It was Mr. Pater who first pointed out how the habit of aesthetic enjoyment makes the epicurean into an ascetic. He builds as little as possible on the things of the senses and the moment, knowing how little, in comparison, we have either in our power."と述べている。同書で、Marius the Epicureanについて、pleasureとasceticismを結びつけた例であるとしている。("There is another reason for such ascetism as was taught in Marius the Epicurean and in Pater's book on Plato: the modest certainty of all pleasure aesthete to seek for the like in other branches of activity." Laurus Nobbilis, P.35.)
 ペイターはリーのEuphorionについて"a work abounding in knowledge and insights on the subject which it treats”と述べているほか、リーの文体については"full of poetic charm...justly expressive, sustained and firm―as women's style so seldom is."と述べている。
 リーの長編小説『ミス・ブラウン』の登場人物ウォルター・ハムリンとペイターの類似を指摘する声が上がるといったこともあったが、リーとペイターは比較的友好的な関係を維持した。なお、この小説中、ペイターの名前は何度か言及されるが、例えば第3章には、"Mr. Pater, or some such great gun of yours―who says that the object of the wise man is to make his life consist in as many moments of thrilling impressions as possible"とあり、『ルネサンス』で披瀝されたペイターの哲学が紹介されている。

The Renaissance

 とはいえ、ヴァーノン・リーは徐々にペイターの思想から距離をおくようになる。1887年発表のJuvenaliaではペイターの思想からリーが離れていることがわかる。一方、ペイターこの本に見られる'ethic tone'に危惧の念を示している。
 リーのいわゆる「流刑の神々」への関心もペイター由来かもしれない。「流刑の神々」とは、キリスト教の普及以来没落した異教の神々が、妖精などに身をやつしているという考えで、リーは直接的にはハイネの『流刑の神々』から学んだと思われる。ペイターもまた、「ドニ・ローセロワ」や「ピカルディのアポロ」といった短編で「流刑の神々」を描いた。リーの「流刑の神々」を扱った作品に、「ディオネア」、「神々と騎士タンホイザー」「フランドルのマルシュアス」らがある。このうち、'Amour Dure'について、Christa Zornは"an animated version of Pater's portrayal of "la Gioconda" in The Renaissance"と述べている。
 ペイターの長編小説Marius the Epicureanについては、リーはこの小説が'the good and the beautiful seemed as the concave and the convex of all things'であるローマ世界を再現しているとして賞賛している。
 
English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional