Vernon Lee (Violet Paget)

Richard Wagner

リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner)

Richard Wagner

 1813~1883年。ドイツの作曲家。『タンホイザー』(Tannhäuser und der Sängerkrieg auf Wartburg)、『ニーベルングの指輪』(Der Ring des Nibelungen)4部作等のオペラ作品で知られる19世紀を代表する作曲家のひとり。
 ヴァーノン・リーによるワーグナーへの言及は数多い。短編「悪魔の歌声」の主人公の作曲家はワーグナー風のオペラの作曲を志しながら、カストラートの亡霊の歌声のために作曲が不能になる。また、『タンホイザー』のパロディ「神々と騎士タンホイザー」という、ヴァーノン・リーにしては異色のコミカルな短編も書いている。この短編の執筆意図について、リーは「ワルトブルグの歌合戦についてワーグナーによって広まった過ちを正す」ことだとしている。
 Juvenillia収録の'Signor Curiazio'では、ワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』を特にとりあげ、次のように書いている。"this composer, who denies the legitimate existence of music when separate from dramatic action, had completely failed to inspire me with the very smallest interest in the men and women whose joys and woes his music professed to express. I remembered how it had struck me that all this world of Tristram and Yseult was utterly unreal, with real emotions, real actionsーnay, real actors."また、"I was so strongly conscious of complete absence of interest in Wagner's hero and heroine, of complete indifference to their woes and welfare."とも書いている。ワーグナーにとって音楽の使命とは、"overwhelming the souls of the hearers with that terrific flood of passion"であり、『トリスタンとイゾルデ』がもたらすのは"love itself in all its fearful irresistibleness"であった。
 Laurus Nobilis収録の'Beauty and Sanity'では、グルックとワーグナーの音楽を比較して次のように書いている。"Historically, all you know is that Gluck's Orpheusmade our ancestors weep; and that Wagner's Tristram makes our contemporaries sob."
 リーによれば、ワーグナーの音楽には'musical form'と'musical individuality'がない。そして、次のように書いている。"Because the music which Wagner has composed on to the words expressive of their vicissitudes and of their feelings, is, even like the music of Palestrina's great Mass, music insufficiently distinct in form: music of the infinite; music all about nothing at all; music without personality." ワーグナーにとっての音楽の使命とは、'terrific flood of passion'で聞き手の魂を圧倒することであり、こうした姿勢は、リーには受け入れられないものであった。
 また、晩年のMusic and Its Loverは音楽論で、音楽をニーチェの『悲劇の誕生』における分類にならって「ディオニュソス的音楽」と「アポロ的音楽」に分類している。ヴァーノン・リーが愛した音楽は「アポロ的」音楽で、ワーグナーの音楽は、リーによれば「ディオニュソス的」音楽ということになる。
 このように、ヴァーノン・リーのワーグナー音楽に関する態度は概ね否定的なものである。リーは次のように書いている。"the school of Wagner―is dramatic and "the dramatic declamation of melody is inevitably destructive of its musical shape, since it implies that the accentuation required by the music is to be sacrificed to the totally different accentuation belonging to spoken passion." リーの好んだ音楽は知性で感情を抑えた音楽であった。
 ヴァーノン・リーの伝記作者ピーター・ガンによれば、彫刻、絵画、音楽といった芸術に手をそめる芸術家はform-regarding artistであり、一方文学者はformではなく、自身のpersonalityを重んじる。ワーグナーはこの境界を弁えず、音楽で文学の領域を侵そうとしようとしたがゆえに、リーはワーグナーを嫌った。(Peter Gun, Vernon Lee, P.115.)
 なお、マックス・ノルダウはDegenerationにおいて、ワーグナーの音楽を批判している。例えば、"Wagner's imagination is perpetually occupied with woman."とか、"In the Walküre Wagner's imagination surrenders itself to unbridled passion."と書いている。こうしたノルダウのワーグナー評と、リーの批判と比較すると興味深い。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional