Vernon Lee (Violet Paget)

Neroni

ドメニコ・ネローニ(Domenico Neroni)

 1450年ころ生まれ。イタリアの画家、彫刻家、金細工師。遺された作品が少ないこともあり、ヴァザーリもあまり触れていない画家。一方、ヴァーノン・リーはRenaissance Fancies and Studiesの'A Seeker of Pagan Perfection'の中で、ネローニに詳しく触れている。
 リーはネローニを"Domenico, the son of Luca Neroni, painter, sculptor, goldsmith, and engraver"と紹介し、ギルランダイヨ やシニョレッリらの影響を受けたとしている。そして、次のように述べている。"colour is the enemy of noble art. It is the enemy of all precise and perfect form, since where colour exists form can can be seen only as juxtaposition of colour. For this reason it has pleased the Creator to lend colour only to the inanimate world." ヴァーノン・リーは情熱や性を表すものとして色(特に赤)を嫌い、白を好んだ。その意味でネローニの意見にリーは共鳴したのだろう。
 また、"Domenico considered that the Pagan gods must by somewhere or other, the past and present not very clearly separated in his mind, or rather the existing in a peculiar simultaneous manner with the present, as a sort of St. Brandon's isle, in distant, unattainable seas"と書いている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional