Vernon Lee (Violet Paget)

Mozart

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart

Mozart

 1756~1791年。オーストリアの作曲家。ヴァーノン・リーが愛した作曲家の一人。『フィガロの結婚』(Le nozze di Figaro, 1786)ほかのオペラ、41の交響曲その他の作品で知られる。
 リーの知人のひとりによれば、リーの手紙にはモーツァルトやほかの芸術家の名前が溢れていたという。
 リーは同時代のイタリアのライト・オペラを好まず、18世紀の音楽に回帰すべきと考えていた。そして、モーツァルトについては次のように書いている。"Mozart, although a German as a man, was an Italian as an artist, as Handel and Bach and Gluck, German as much as himself, had also been Italian musicians." また、モーツァルトについて"sweet and dreamy, with the shadow of premature death already upon him"とも書いている。
 『ことばの美学』では、モーツァルトが『ドン・ジョヴァンニ』の大部分を書いていたとき、ひどく疲れが出て、妻が物語を聞かせなければ起きていられなかった、というエピソードを紹介している。
 ピーター・ガンの伝記によれば、モーツァルトのオペラ『フィガロの結婚』のCherubinoの演技について、リーは次のように考えている。"Vernon Lee denies that Mozart's exquisite 'Voi che sapete', sung by the page Cherubino in The Marriage of Figaro, is intended by Mozart to give a psychological insight into his character or his feelings in the equivocal position he finds himself at this point in the opera. If the singer attempts by his execution to give his interpretation of this inner state to the song, he fails to do justice to Mozart's music." 『フィガロの結婚』についてはBelcaro収録の'Cherubino'で詳しく触れている。
 同じくBelcaroでは"we would break down in rude analysis the splendours of Don Giovanni only to discover beneath them the story of a punished Lovelace."と書いているほか、モーツァルトへの言及は多い。
 長編Louis Norbertでは、登場人物の一人Lady Venetiaが『ドン・ジョヴァンニ』(Don Giovanni, 1788)の"the great opening of chords of the Overture"をピアノで演奏するシーンがある。Venetiaはそこから’Duel'の場面の演奏へと移行する。ここでは、このオペラの登場人物OttavioとAnnaの名前も言及されている。
 リーはモーツァルトの代表作『魔笛』(Die Zauberflöte, 1791)や『ジュピター』(Jupiter, 1788)交響曲を生涯にわたって愛した。リーは晩年、次のように書いている。"The Magic Flute, the Jupiter Symphony, indeed anything by Mozart, remained for me exactly what it was since adolescence."
 美術エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesでは"the paintings of Raphael and the music of Mozart partook of the gentleness of their life; while the figures of Michelangelo and the compositions of Beethoven were the outcome of their misanthropic ruggedness of temper."と書いている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional