Vernon Lee (Violet Paget)

Greece

ギリシア(Greece)

Greece

 ヴァーノン・リーはギリシアには短い旅行をしただけであったが、ヨーロッパの多くの文学者、芸術家と同じく、ギリシア文化はリーにとっても創作の源の一つであった。ホメロスの詩やフェイディアスの彫刻(現存しないが)をリーは愛した。短篇'A Featureless Wisdom'にはフェイディアスが登場する。その他の彼女の作品中にもギリシア文化に対する言及は多い。Vineta Colbyは"The mortality of Greece leaves her (Vernon Lee) with a sense of her own mortality"と述べている。
 リーが念願のギリシア訪問を果たしたのは1907年のこと。最初の夜はOlympiaで過ごした。リーは'Greece at Last'というエッセイにおいて、ギリシアでは常に"the sense of fulfilled expectations....Yes, the Greece、I have made up is the real one; or, the grace and loveliness of the real one is that of the Greece of my fancy"と書いている。しかし、リーは風邪にかかってしまい、その後予定していたエジプト訪問を取りやめている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional