Vernon Lee (Violet Paget)

Botticelli

サンドロ・ボッティチェルリ(Sandro Botticelli)

Botticelli

 1445~1512年。イタリア・ルネサンスを代表する画家の一人。代表作に『ヴィーナスの誕生』(The Birth of Venus)、『春』(Primavera)など。ヴァーノン・リーが私淑したウォルター・ペイターがその著書『ルネサンス』で再評価した。
 リーはRenaissance Fancies and Studiesの1章'Imaginative Art of the Renaissance'の中でボッティチェルリに言及している。リーは'He (Botticelli) is one of those who most persistently introduce delightful items into their works: elaborately embroidered veils, scarves, and gold fringes'と述べ、ボッティチェルリを評価していた。そして、ボッティチェルリの'fantastic grace'の秘密を'alternate or rather interdependent ugliness and beauty'にあると説明している。リーによれば、欠点(defects)が予期せぬもの、珍しいものを生みだし、それがエキゾチックな美(exotic beauty)につながる。そこにボッティチェルリの魅力がある。同時に、同書において、"Botticelli is to me one of those incompleter harmonies. Not but that I appreciate him: that I could, I think, weigh his merits fairly enough if fairness of judgment were the question, and not personal sympathy."とも書いている。
 The Beautifulという美学エッセイでは、感情移入(empathy)について述べながら、"the unstable equilibrium and syncopated rhythm of Botticelli may either fascinate or repel as morbidly excited."と書いている。
 また、Euphorionの'Symmetria Prisca'において、ボッティチェルリの『ヴィーナスの誕生』にはlineの芸術としてのantique artという側面と、自然の色の使い方に矛盾が見られるとしている。そして、"In Sandro Botticelli the teachings of the statue are forgotten or discorded when the artist takes up his palette and brushes"と書いている。また、ボッティチェルリのヴィーナスにはマドンナの面影が見えるとしている。
 美術批評家バーナード・ベレンソンはボッティチェルリに関して、次のように述べている。"Now she (Vernon Lee) was creative. Therefore she knew more what was in Botticelli's mind than i could possibly could, for I was not creative."(Vineta Colby, Vernon Lee, P.159.)

『ヴィーナスの誕生』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional