Vernon Lee (Violet Paget)

関連書籍

ここでは、ヴァ―ノン・リー関連の内外の書籍を紹介しています。

翻訳

ヴァーノン・リーの翻訳には以下のものがあります。
一冊にまとまったものとしては、現在以下の二冊があります。

  • 『教皇ヒュアキントス ヴァーノン・リー幻想小説集』
    中野善夫訳 国書刊行会、2015年
    『教皇ヒュアキントス』
    〈収録作品〉「永遠の愛」「教皇ヒュアキントス」「婚礼の櫃(チェスト)」「マダム・クラシンスカの伝説」「ディオネア」「聖エウダイモンとオレンジの樹」「人形」「幻影の恋人」「悪魔の歌声」「七懐剣の聖母」「フランドルのマルシュアス」「アルベリック王子と蛇女(スネークレディ)」「顔のない女神」「神々と騎士タンホイザー」 ヴァーノン・リーの代表作である幻想短編をまとめて紹介した画期的訳業。
  • 『ことばの美学』(Handling of Words
    ことばの美学
    栗原裕、荒木正純訳 大修館書店、1975年
    (ただし、この翻訳は抄訳です)

各短編の翻訳には以下のものがあります。(上述の『教皇キュアキントス』収録分を除く)

荒俣宏訳、「まぼろしの恋人」、『世界幻想文学大系 英国ロマン派幻想集』 国書刊行会、1984年。

西崎憲訳、「七短剣の聖女」、『書物の王国 奇跡』国書刊行会、2000年。

内田正子訳「悪魔の歌声」、由良君美編 『イギリス怪談集』 河出書房(河出文庫)、1990年。

今本渉訳「人形」、『怪奇小説の世紀Ⅰ』国書刊行会、1992年。

中野善夫訳「聖エウダイモンとオレンジの樹」、西崎憲編『英国小説の愉しみ2』筑摩書房、1999年。(『短篇小説日和』(ちくま文庫、2013年)に再録)

Vernon Lee自身の著作

Hauntings and Other Fantastic Tales edited by Catherine Maxwell and Patricia Pullham. Mississauga: Broadway Editions, 2006.
→ヴァーノン・リーの幻想短編を読むには最も便利な本。収録作は'Amour Dure,' 'Dionea,' 'Oke of Okehurst,' 'A Wicked Voice,' 'Prince Alberic and the Snake Lady,' 'A Wedding Chest,' 'The Virgin of Seven Daggers'の7編。注釈が充実している。他に、Appendixとしてリーのエッセイ'Faustus and Helena: Notes on the Supernatural in Art'やスウィンバーンペイターのエッセイ、リーの兄ユージーン・リー=ハミルトンの詩を収録し、よりリーの幻想短編を理解できるよう工夫されている。

Hauntings and Fantastic Tales

Supernatural Tales edited by I. Cooper Willis. London and Chester Springs: Peter Owen, 1987.
→上述のHauntings and Other Fantastic Talesがでるまでは、最も読まれていたと思われる、リーの幻想短編のコレクション。編者のI. Cooper Willisの序文つき。収録作は'Prince Alberic and the Snake Lady,' 'A Wedding Chest,' 'Amour Dure,' 'A Wicked Voice,' 'The Legend of Madame Krasinska,' 'The Virgin of the Seven Daggers'の6編。

Supernatural Tales
Euphorion

Euphorion: Being Studies of the Antique and the Mediaeval in the Renaissance. Boston: Roberts Brothers, 1884.

Gospel of Anarchy and Other Contemporary Studies. Doylestown: Wildpress, 2004.

Hauntings: Fantastic Stories. Doylestown: Wildside P, 2002.

For Maurice: Five Unlikely Stories. New York: Arno P, 1976.

Renaissance Fancies and Studies. London: Bodley Head, 1909.

Pope Jacynth and Other Fantastic Tales. Leipzig: B. Tauchnitz, 1906.

Baldwin: Being Dialogues on Views and Aspirations. New York: Books for libraries Press, 1972.

Belcaro: Being Essays on Sundry Aesthetical Questions. London: W. Satchel and Co., 1881.

Music and Its Lovers-An Empirical Study of Emotional and Imaginative Responses to Music. New York: E.P. Dutton, 1933.

Juvenilia: Being a Second Series of Essays on Sundry Aesthetical Questions. London: T Fisher Unwin, 1887.

Laurus Nobilis: Chapters on Art and Life. London; New York, John Lane, 1909.

Renaissance Fancies and Studies. London: Bodley Head, 1909.

Studies of the Eighteenth Century in Italy. New York. Da Capo P, 1978.

Hortus Vitae: Essays on the Gardening of Life. London & New York: John Lane: The Bodley Head, 1904.

Limbo and Other Essays. Doylestown, Pennsylvania: Wildside Press,
2004.

書簡

 ヴァーノン・リーは多くの書簡を遺している。その書簡が全3巻で出版されている。1巻は若い頃の書簡を集めているだけに、兄ユージーンへの書簡、母マチルダへの書簡、友人メアリー・ロビンソンやヘンリエッタ・ジェンキンへの書簡がやはり多い。なお、両親宛の手紙では"My Dearest Papa," "My Dearest Mamma"という表現を用いている。

Selected Letters of Vernon Lee, 1856~1935 Volume 1 (1865~1884) edited by Amanda Gagel. London and New York: Routledge, 2017.

Selected Letters of Vernon Lee, Volume 1

伝記

●Gunn, Peter. Vernon Lee: Violet Paget, 1856-1935. London: Oxford University P, 1964.

Peter Gunn, Vernon Lee

→最初のヴァ―ノン・リーの伝記。244ページからなる。リー自身は自分の伝記が書かれることを嫌っていた。リーと親交のあった人物への取材を含むなど、貴重な資料となっている。写真も多数掲載。

●Colby, Vineta. Vernon Lee: A Literary Biography. Charlottesville: University of Virginia, 2003.

Veneta Colby, Vernon Lee

→目下のところ、最も充実したヴァ―ノン・リーの伝記。ピーター・ガンやBurdett Gardnerの仕事を踏まえ、さらに充実した387ページからなる大著となっている。ヴァーノン・リーを知るにはぜひ手元におきたい一冊。

研究書

 ヴァーノン・リーの研究としては、現在までのところ、幻想短編と長編Miss Brownを論じたものが多い。

Women's Fiction and the Great War

●Beer, Gillian. 'The Dissidence of Vernon Lee: Satan the Waster and The Will to Believe,' in Suzanne Raitt and Trudi Tate eds., Women's Fiction and the Great War. Oxford: Clarendon Press, 1997.
→反戦劇Satan the Wasterについての先駆的論文。

●Caballero, Carlo. ‘ ”A Wicked Voice”: On Vernon Lee, Wagner and the Effects of Music’. Victorian Studies 35: 4 (1992): 385-408.
→雑誌Victorian Studiesに掲載された'A Wicked Voice'に関する優れた研究論文。
●Davis, Whitney. Queer Beauty: Sexuality and Aesthetes from Winckelmann to Freud and Beyond. Columbia University Press, 2010.

Queer Beauty

→古代ギリシアの美を紹介したドイツの美術史家、ヴィンケルマンからフロイトの精神分析に至る、queer beautyを考察した本。同性愛の歴史の研究書とも言え、彫刻の考察が多い。第6章の'The Sense of Beauty'でヴァーノン・リーに言及している。同性愛、感情移入などがキーワードの論考で、リーの美術評論への言及が多い。

●Denisoff, Dennis. 'The Forest Beyond the Frame: Picturing Women's Desire in Vernon Lee and Virginia Woolf'

Women and British Aestheticism

→ともにレズビアン作家であったヴァーノン・リーとヴァージニア・ウルフを取り上げた論文。リーの作品としては、'Oke of Okehurst'を主に取り上げている。(ウルフ作品としては『オーランド』など)Talia SchafferとKathy Alexis Psomiades編によるWomen and British Aestheticism(Charlotteville: University Press of Virginia, 1999)という研究書に収録(251-269)されている。

Marketing the Author

●Fraser, Hillary. 'Interstitial Identities: Vernon Lee and the Spaces In-Between' in Demoor, Marysa ed., Marketing the Author: Authorial Personae, Narrative Selves and Self-Fashioning, 1880-1930. Houndmills, Basingstoke, and New York: Palgrave Macmillan, 2004.
→ノマドとしてのヴァーノン・リーのアイデンティティに関する考察。

●Gardner, Burdett. Lesbian lmagination: A Psychological and Critical Study of ‘Vernon Lee’. New York: Garland, 1987.
→伝記的記述の多い研究書。ガンによる伝記とともに、リー研究の先駆をなした書。特に、'Prince Alberic and the Snake Lady'に関する言及が多いほか、リーが愛した色、白(white)についての考察が興味深い。現在では入手困難。
●Jordan, Jane and Andrew King ed. Ouida and Victorian Popular Culture. London and New York: Routledge, 2016.

Ouida and Victorian Popular Culture

→『フランダースの犬』の作者にして、ヴァーノン・リーとも親交のあったウィーダについての研究書。第5章は'Ouida, Vernon Lee and the Aesthetic Novel'(Sondeep Kandola)はウィーダとリーの関係を考察している。 具体的にはウィーダAriadnéとリーのMiss Brownを比較している。

●Kandola, Sondeep. Vernon Lee. Northcote: British Council, 2010.

Vernon Lee by Kandola

→2010年発表の新しいヴァーノン・リーの研究書。100ページほどの小著。PulhamやZornの研究をもとに、リーの芸術論や幻想短編を論じている。章立ては以下の通り。'Introduction','Vernon Lee and 'High Art''(Oscar Wildeとの関連に詳しい)、 'Experiments in Short Fiction','Art Not for Art's Sake'.

Unfolding the South

●Leighton, Angela. 'Resurrections of the Body: Women Writers and the Idea of the Renaissance' in Alison Chapman and Jane Stabler eds., Unfolding the South: Nineteenth Century British Women Writers and Artists in Italy 1789-1900. Manchester: Manchester University Press, 2003.
Unfolding the Southは副題にあるとおり、19世紀イタリアを訪れたイギリス人女性について述べた書。具体的にはエリザベス・ブラウニング、フランシス・ポワー・コブ、マーガレット・オリファンらが取り上げられるが、ヴァーノン・リーも取り上げられている。10章に"Vernon Lee and the Ghosts of Italy"がある。ここでは、イタリア時代のリーについて、ローマなど様々な地を訪れたリーについて詳しく記述し、それを踏まえ'A Wicked Voice,' 'Dionea,' 'Amour Dure'らのリーのゴースト・ストーリーを取り上げている。キーワードは過去による現在の浸食で、これらの作品を論じている。

●Maxwell, Catherine and Patricia Pulham ed. Vernon Lee: Decadence, Ethics, Aesthetics. Palgrave Macmillan, 2006.

edited by Catherine Maxwell

→ヴァーノン・リーの国際学会での研究成果をまとめたもの。リーと兄ユージーンの関係を探る論文や'Prince Alberic and the Snake Lady'の考察、Louis Norbertの考察などを含む多彩な内容となっている。執筆者は編者のほか、Laurel Brake, Dennis Denisoff, Margaret Stetz, Christa Zornら。

●Navarette, Susan. The Shape of Fear: Horror and the Fin de Siècle Culture of Decadence. Lexington: The University Press of Kentucky, 1998.

Shape of Fear

→アーサー・マッケンらの幻想・恐怖小説を考察した本だが、ヴァーノン・リーの短篇'The Doll'について考察した章(Vernon Lee, Decadence, and 'The Doll')が設けられている。

●Praz, Mario. The House of Life. The Acadine Press, 1964.
→ヴァーノン・リーとも関係の深いマリオ・プラーツがローマにある自室のことを述べた大著。部屋という閉ざされた空間と収集品、記憶といったリー文学においても重要なテーマを論じている。リーへの言及も多く、彼女の手紙が引用されている。リーは『ロンドン・マーキュリー』誌に載せる原稿を送るようにプラーツに求めている。また、プラーツはリーのおかげで1923年の7月と8月をオックスフォードで過ごすことができたと述べている。本書は『生の館』のタイトルで邦訳がある。
●Pullham, Patricia. Art and the Transitional Object in Vernon Lee’s Supernatural Tales. Ashgate, University of Portsmouth, 2008.

Patricia Pulham

→ヴァ―ノン・リーの幻想短編の分析を中心とした研究書。章立てはIntroductionに続いて'Castrato Cries and Wicked Voice,' 'A White and Ice-Cold World,' 'Painted Dolls and Virgin Mothers,' 'Madonna Portraits and Medusan Mirrors'となっている。フェミニスト的視点での考察が中心になっている。

●Raitt, Suzanne and Trudie Tate ed. Women's Fiction and the Great War. Oxford: Clarendon Press, 1997.
→第1次世界大戦と、それを関連した女性作家によるフィクションを考察した論考集。ヴァーノン・リーについては、Gillian Beerの'The Dissidence of Vernon Lee: Satan the Waster and the Will to Believe'を収録している。ここではSatan the WasterはもちろんThe Ballet of Nationsらが言及されている。リーは世界大戦に反対していて、ドイツへの共感を示したため、イギリス人の友人を失っている。フェミニズムと戦争について考える際、有用な本。
●Robbins, Ruth. "Vernon Lee: Decadent Woman?" In Fin de Siècle/Fin du Globe: Fears and Fantasies of the Late Nineteenth Century. ed. John Stokes. New York: St. Martin's., 1992.

John Stokes

●Schaffer, Talia. The Forgotten Female Aesthetes: Literary Culture in Late-Victorian England. Charlotteville: University Press of Virginia, 2000.

The Forgotten Female Aesthetes

ウィーダやAlice Meynellについての論考を含む。ヴァーノン・リーへの言及も多く、とりわけ長編Miss Brownについて考察している。

●Small, Ian. Conditions for Criticism: Authority, Knowledge, and Literature in the Late Nineteenth Century. Oxford: Clarendon Press, 1991.

Conditions for Criticism

→19世紀イギリスの批評の流れを概観した本であるが、第3章'Aesthetics, Psychology, and Biology'では、美学批評に心理学、生物学の成果がいかに影響したかを考察している。ここでヴァーノン・リーの批評に言及している。Smallは次のように述べている。"Her (Vernon Lee's) basic claim was that the mind cannot know the unfamiliar without recourse to the familiar to orient it: the mind, that is, constantly refers the new to the known." (PP.84~85.)

●Zorn, Christa. Vernon Lee: Aesthetics, History, & the Victorian Female Intellectual. Athens: Ohio University P, 2003.

Christa Zorn

→現在のところ、最も網羅的にヴァーノン・リーを分析した研究書として重要。'Introduction'以下、'Life and Letters,' 'History and the Female Voice,' 'Between the Lines of Gender and Genre,' 'Literary Form and Alternative Subjectivity,' 'Miss Brown-An Aesthetic Bildungsroman?','Vernon Lee and the Fantastic'から成る。

論文

Chapman, Alison Georgina. 'Vernon Lee's Novel Construction.' (Nineteenth-Century Literature, Volume 75, Number 3, December 2020.)
→ヴァーノン・リーの批評とMiss Brownの文体について考察した論文。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional