Vernon Lee (Violet Paget)

作品

作品

 ヴァ―ノン・リーの仕事は多岐にわたる。生前は18世紀イタリア音楽の研究者として知られていた。現在では、幻想短編が最もひろく読まれている。

  • 1880年 Studies of the Eighteenth Century Italy
    • Studies of_the_Eighteenth_Century_in_Italy

       24歳の時に出版された処女作。9章からなる。18世紀イタリアの文学、音楽や演劇(Carlo GoldoniやCarlo Gozzi、仮面劇など)の研究。チャールズ・バーニーの影響が濃厚。ヴァーノン・リーは冒頭で、自身を歴史家でもなく音楽評論家でもなく、aestheticianであると宣言している。唯美主義者としてのリーの主張がよくでている作品。当時、忘れられていた作曲家や劇作家に光を当てようとする試みである。ウォルター・ペイターやロバート・ブラウニングが賞賛した。

  • 1883年 Ottilie: An Eighteenth Century Idyll
    • Ottilie

       4章からなる中編小説。リーは出版先を見つけるのに苦労しているが、T.Fisher Unwin's Pseudonym Libraryから出版された。ドイツ人の作家でリーの友人だったKarl Hillebrandに捧げられた。リーのイタリア18世紀文明研究の成果と言える。
       ヴァ―ノン・リー初めての小説の試み。1870年代のパジェット一家を映していると言われる。実際のパジェット家は兄ー妹の関係だが、この小説では姉ー弟の関係に変えられている。ヒロインはリー自身を映していると考えられる。この時代のパジェット家の友人だったCarlo PlacciはOttilieについて次のように述べている。"It is perfectly charming and reads so deliciously quaintly and quite carries you off to another life, to another time, to another way of thought. I think I recognized the original of Ottilie and I have the greatest admiration for such sisterly denouement."
       ドイツの小さな町に暮らす姉Ottilieが内向的な弟Christophに尽くす物語。Ottilieには結婚を考える男性も現れるが、Christophのことを考え、結婚を断念する。一方、Christophは姉と離れ大学に入学するが、馴染めずに家に帰ってきてしまう。しかし、彼は大学在籍中に詩集を発表し、詩人としての活動を開始する(リーの兄ユージーンも詩集を発表している)。その仕事を通して、Wilhelmineという恋人ができ、結婚する。しかし、その結婚生活もうまく行かず、ChristophはOttilieのもとに帰る。
       18世紀ドイツの温泉地(バーデンバーデンなど)を想起させるとして、概ね高評価を得た。伝記作者ピーター・ガンは"Ottilie is one of the most subtle and successful of Vernon Lee's stories."と書いている。

  • 1883年 Belcaro: Being Essays on Sundry Aesthetical Questions
    • Belcaro

       エッセイ集。友人のMary Robinsonに捧げられた。'The Book and Its Title','The Child in the Vatican','Orpheus and Eurydice','Faustus and Helena','Chapelmaster Kreisler','Cherubino','In Umbria','Ruskinism','A Dialogue on Poetic Morality','Postscript or Apology'からなる。
       冒頭の'The Book and Its Title'で、"I have been haunted by the remembrance of that winter afternoon, when last we (Leeの読者に当てている)were together, on the battlements of Belcaro"と、この本のタイトルの由来について述べている。
       'The Child in the Vatican'は、明らかにウォルター・ペイターの'The Child in the House'からタイトルを取っている。白い肌と同性愛の関係を考える上で興味深い。芸術家の目的について、"The aim of the artist, of the innumerable artists constituting antique art, must have been nobler: the form for them must have been the mere physical embodiment of the ideas and the presentation of the beautiful idea must have been their real object."と書いている。そして、"That the only intrinsic perfection of art is the perfection of form, and that such perfection is obtainable only by boldly altering, or even casting aside, the subject with which this form is only imaginatively, most often arbitrarily connected; and by humbly considering and obeying the inherent necessities of the material in which this form is made visible or audible."とも書いている。
       'Orpheus and Eurydice'では、"To appreciate a work of art means, therefore, to appreciate that work of art itself, as distinguished from appreciating something outside it, something accidentally or arbitrarily connected with it"と述べ、唯美主義的な考えを披歴している。
       'Chapelmaster Kreisler'では、"Music is made up of two elements: the intellectual and the sensuous on the one hand, of that which conceived by the mind and perceived by the mind (for our ears perceive only the separate constituent sounds of a tube, but not the tune itself); on the other hand, of that which is produced by the merely physical and appreciated by the merely physical, by the nerves of hearing, through which it may, but only indirectly, after the mind."と書くなど、リーの音楽観を探るうえで興味深い。また、"We forget that music is neither a symbol which can convey an abstract thought, nor a brute cry which can express an instinctive feeling"と述べ、同時代の音楽の問題点を指摘している。次の'Cherubino'もモーツァルトの『フィガロの結婚』を中心に音楽について述べている。
       'In Umbria'では、コレッジョペルジーノらの絵画を論じている。そして、芸術家は鑑賞者に想像する余地を与えなければならない、としている。後半では詩の優位性を語っている。
       'In Ruskinim'についてはラスキンの項を参照。
       'A Dialogue on Poetic Morality'にはヴァーノン・リーのマウスピースBaldwinが登場する。"The man who creates good is the one who not merely removes pain, but adds pleasure to our lives"と述べ、リーの道徳観を考える際に役立つ。
       ヴァーノン・リーの関心が歴史研究から美学研究へとシフトしたことを示す重要な書。初期ヴァーノン・リーの美学が読み取れる本で、ウォルター・ペイターの影響を受けた、唯美主義的傾向が強い。すなわち、'art for art's sake'の思想が濃厚で、'Ruskinism'では、芸術と道徳を結びつけるラスキンの'art for life's sake'に批判的である。

  • 1884年 The Countess of Albany
    •  1772年に19歳でアルバニー伯爵と結婚した王女Louise of Stolbergの生涯を描く。そのみじめな結婚、詩人Alfieriとの情事など。

  • 1887年 Juvenilia:Being a Second Series of Essays on Sundry Aesthetic Questions
    • Juvenilia

       Belcaroの続編となるエッセイ集。'The Immortality of the Maestro Galuppi','Perigot','Lambard Colour Studies', 'Don Juan (con Stenterello)','Signor Curiazio' 'Christkindchen', 'Epilogue'からなるエッセイ集。うち、'Signor Curiazio'は『トリスタンとイゾルデ』を中心としたワーグナー論。
       Stefano Evangelistaは、このエッセイ集はリーがペイター的唯美主義から脱したことを示しているとしている。逆に、ペイターはこの本の倫理的要素に危惧したという。
       ヴァーノン・リーが最も好きだった色は白で、白は彼女の美学を考える際重要なキーワード。'Christkindchen'には、"all those gods, all those goddesses, and nymphs, and heroes, all that nude and white and ice-cold world, seemed to seek me with their blank, white glance, smiling with the faint ad ironical smile that means"という記述がある。
       'Epilogue'では、美(芸術)の本質をharmonious, simple, completeととらえ、一方human element、the worldの本質をdissonance, imperfection, complexity, enigmaであるとしている。芸術に触れる目的は"a thorough stripping away of the world, of the reality, including all doubts, troubles, suspicions, and other things that chafe and clog and soil our souls, a stripping away occasionally of all the world including ourselves. We feel purer and stronger" であるとまとめている。
       Ian Smallはこの本にみられる、創作と批評の関係についてのリーの理論を次のように要約している。"Vernon Lee asserted that Associationism described the basis of all mental activity and thus provided a key to understanding both critical and creative activities. It followed, then, that the processes by which the spectator perceives and responds to a work of art were of precisely the same order, and thus of the same status, as the process involved in its creation." Smallによれば、リーの批評と創作に関する理論は、最高の批評は創造以上に創造的だとしたオスカー・ワイルドの理論('The Critic as Artist')に近いことを指摘している。(Ian Small, Conditions for Criticism, PP.86~87.)

  • 1890年 Hauntings: Fantastic Stories
    • Hauntings

       代表的幻想短編集。'Amour Dure','Dionea','Oke of Okehurst','A Wicked Voice'の4編を収める。この作品集の序文で、ヴァーノン・リーは幽霊の存在を信じないとしている。リーは次のように書いている。"They exist, these ghosts, only in our minds, in the minds of those dead folks;.....They are things of the imagination, born there, bred there, sprung from the strange co-nfused heaps, half-rubbish, half-treasure, which lie in our fancy, heaps of half-faded recollections, of fragmentary vivid impressions, litter of multi-coloured tatters.....That is the thing―the Past, the more or less remote Past, of which the prose is clean obliterated by distance―that is the place to get our ghosts from." 4編ともゴーストストーリーであるが、それらはすべて過去からやってくるゴーストである。これらのゴースト・ストーリーがリーの作品中でも、今日最も読まれていると思われる。詳しくは主要作品解説の項を参照のこと。

  • 1894年 Althea: Dialogues on Aspirations and Duties
    • Althea

       1886年発表のBaldwinの続編にあたる、BaldwinとAltheaの対話形式をとったエッセイ集。'The Value of the Individual','Orpheus in Rome','On Friendship','About the Social Question','The Spiritual Life','The Use of the Soul'からなる。
       Vineta Colbyによれば、Altheaは「ミロのヴィーナス」のような古典的美しさとルソー的な自然の子の混交した女性で、Baldwinの理想的なパートナー。Baldwinと意見をともにすることの多いDonna Mariaについては、ColbyはMaria PasoliniかMaria Gambaと考えている。CarloはCarlo Placci。 Signora Elenaはリーの生涯の友人であったBaroness Elena Cini。若いロシア人Borisは、詩人のPeter Boutourline。このように、この対話編に登場するspeakerたちはヴァーノン・リーの友人たちをモデルにしている。
       リーは母親への手紙の中で、"It is far the most important book I have so far written, and a great, immeasurable advance on Baldwin."と書いている。

  • 1895年 Renaissance Fancies and Studies Being a Sequel to Euphorion
    • Renaissance Fancies

       ルネサンス芸術を中心としたエッセイ集。Euphorionの続編と言える。'Preface','The Love of the Saints','The Imaginative Art of the Renaissance','Tuscan Sculpture','A Seeker of Pagan Perfection, Being the Life pf Domenico Neroni, Pictor Sacrilegus,''Valedictory'からなる。
       'The Love of the Saints'では、12世紀から考察を始めている点などにペイターの影響が見える。そして、例えば"There is in the history of every art....a moment when, for one reason or other, that art begins to come to the fore, to bestir itself. The circumstances of the nation and time make this art materially advantageous or spiritually attractive."と書いている。他にSt.Francisなどに多く言及している。伝記作者ピーター・ガンはリーの"brilliance of her historical intuition"を示している、としている。
       'Imaginative Art of the Renaissance'では13世紀から14世紀にかけての絵画から考察を始めている。具体的にはジョット、ウッチェロ、ギルランダイヨ、ボッティチェルリらに言及している。例えば、"one sort of art which, beyond or independent of the charm of visible beauty, possesses a charm that acts directly upon the imagination. Such charm, or at least such interest, may be defined as the literary element in art."と書いている。後半では16世紀の聖母像を検討したりしている。
       'Tuscan Sculpture'は古代ギリシアの彫刻、中世イタリアの彫刻、ルネサンス期の彫刻、それらの関係を論じる。うち、古代ギリシアの彫刻については、"The Greek, as a result, perceived form not as an appearance, but as a reality; saw with the eye the complexities of projection and depression perceivable by the hand."と述べている。
       'A Seeker of Pagan Perfection'では、Domenico Neroniを中心に論じている。
       最後の'Valedictory'では過去(past)の問題、artとscienceの関係などについて述べている。例えば、"Now the Past―the joys and sufferings of the men long dead, their efforts, ideals, emotions, nay, their very sensations and temperaments as registered in words or expressed in art, are but another side of the universe, of that universal life, to participate ever deeper in which is the condition of our strength and serenity, the imperious necessity of our ever giving, ever taking soul."と書いている。そして、歴史家、哲学者になるという若い頃のからの夢に別れを告げ、ペイターとの決別も宣している。

  • 1897年 Limbo and Other Lessons
    • Limbo

       エッセイ集。'Limbo','In Praise of Old Houses','The Lie of the Land','Tuscan Midsummer Magic','On Modern Traveling','Old Italian Gardens','About Leisure'の7つのエッセイを収める。うち、'In Praise of Old Houses'と'The Lie of the Land'は、ヴァーノン・リーの歴史観やゲニウス・ロキについて考える際、重要なエッセイ。'On Modern Traveling'は鉄道の登場によって高速化した現代(ヴァーノン・リーにとっての)の旅行についてのエッセイ。

  • 1899年 Genius Loci: Notes on Places
    • Genius Loci

       旅行記。アウグスブルグ(Augsburg)やトスカナ(Holy Week in Tuscany)、トゥーレーヌ(In Touraine)、シエナ(Siena and Simon Martini)、マントヴァ(The Lakes of Mantua)などの地を訪れた時の印象記。タイトルの「ゲニウス・ロキ」とは通常「地霊」と訳されるラテン語で、土地に蓄積された歴史や記憶が醸成する雰囲気・様相を指す言葉。ヴァーノン・リー文学を理解するうえで重要なキーワード。本書の序文において、リーは人間がときにimpersonal realityから受け取る"the highest gifts of our human affections"をgenius lociと呼ぶと述べ、"The Genius Loci, like all worthy divinities, is of the substance of our heart and mind, a spiritual reality"と書いている。
       また、"For journeying with a goal may be the very best journeying" (P.204.)としているほか、旅を愛する心をamours de voyageとフランス語で呼び、"Amours de voyage I have allowed myself to call them, as distinguished from the love we may have for localities wherein our everyday lot is cast."と述べている。(P.203.) また、北ヨーロッパと南ヨーロッパの芸術に関して、"And one understands that all art, and all civilisation which had beauty, arose originally in such fortunate climates―Greece, Syria, Southern Italy, where winter is a word, and the commonest objects are as lovely as the rarest."と述べている。(P.197.)
       'Among the Marble Mountains'では大理石が取れる山として知られるCarraraに言及し、現代の彫刻を"dead and dreary"であるとして批判している。
       'The Epitaphs at Detwang'では、冒頭で墓地を見るのが好きだと述べ、その理由を"My fondness for churchyards, therefore, does not depend upon their inmates being dead, but rather on their having been alive"と説明している。
       'The Lion of St Mark's and Admiral Morosini'はヴェネツィアのシンボルである「有翼の獅子」像などについて語っている。
       'The South'ではギリシア、イタリアなどの南ヨーロッパについて語っていて、リーにおける北ー南の対立(いくつかの作品のテーマとなっている)について考える際、興味深い。

  • 1900年 A Child in the Vatican
    •  タイトルはウォルター・ペイターの「家のなかの子ども」(A Child in the House)から。エッセイ集Belcaroに収録される。
       ヴァチカンを訪れ、そこにある彫刻を目にする子供の眼を通して、リーの芸術論を展開する小品である。この作品では、ヴァチカンとそこにある彫刻は古さを象徴しており、子供は現代、すなわち19世紀を象徴しており、それを対比することがこの作品におけるリーの目的の一つである。これらを対比して、リーは次のように述べている。
       "For, strange as it may seem, this clear and simple art of sculpture, born when the world was young and had not yet learned to think and talk in symbolical riddles, this apparently so outspoken art is, to the childish soul of our days, the most silent art of any. To the child, the modern child, it is speechless; it knows not a word of the language understood by the child’s fancy. For this fancy language of our modern child is the language of color, of movement, of sound, of suggestion, of all the broken words of modern thought and feeling: and the statue has none of these. …in these vague, white things, with their rounded white cheek, and clotted white hair, with their fold of white drapery about them, the child recognizes nothing: men? women? it does not ask: for it, they are mere things, figures cut out of stone. "

  • 1901年 Chapelmaster Kreisler: A Study of Musical Romanticist
    •  音楽に関するエッセイ。'art begins only where the physical elements are subjected to an intellectual process, and it exists completely only where they abdicate their independence and become subservient to an intellectual design'と説く。芸術創作過程における感情に対する知性の優位性を主張するエッセイ。エッセイ集Belcaroに収録。

  • 1901年 Penelope Brandling: A Tale of the Welsh Coast in the Eighteenth Century
    • Penelope Brandling

       中編小説。夫が犯罪を犯しているのではないかという疑念に悩むヒロインを描く、ウェールズを舞台としたゴシック小説風の作品。1770年代中盤に時代を設定した日記体の小説。家庭における女性の境遇なども描かれていて、ヴァーノン・リーの結婚観等を考える際、役に立つと思われる。

  • 1904年  Hortus Vitae: Essays on the Gardening of Life
    • Hortus Vitae

       24編からなるエッセイ集。芸術関係のエッセイから友情論、自転車賛歌など、雑多な内容のエッセイを含む。'Dedication','The Garden of Life‐Introductory','In Praise of Governess','On Going to the Play','Reading Books','Hearing Music','Receiving Letters','New Friends and Old','Other Friendships','A Hotel Sitting-Room','In Praise of Courtship','Knowing One's Mind','Against Talking','In Praise of Silence','The Blame of Portraits','See and Yellow-Interlude','A Stage Jewel','My Bicycle and I','Puzzle of the Past','Making Presents','Going Away',''Coming Back','Losing One's Train','The Hanging Gardens-Valedictory'の24編。 リーの友人のMme Blanc-Bentzonに捧げられた。
       ヴァーノン・リー文学において「過去」は重要な役割を果たしているが、リーの時間論、過去についての意識を考える際、本書収録の'Puzzle of the Past'や'Coming Back','New Friends and Old'らは重要なエッセイである。
       また、過去と現在を結び装置として、リーの作品中ではしばしば肖像画がモティーフとなっている。('Oke of Okehurst'など。)この問題を考える際、本書に収録された'The Blame of Portraits'は示唆に富むエッセイである。Patricia Pulhamは"Lee's portrait, despite its fixity, is, arguably, always 'alive,' shifting between the image of the artist and of the sitter,"と書いている。(Pulham, 'Duality and Desire in Louis Norbert.' Catherine Maxwell and Patricia Pulham ed. Vernon Lee: Decadence, Ethics, Aesthetics, P.129.)

  • 1906年 The Spirit of Rome: Leaves from a Diary
    • The Spirit of Rome

       タイトル通り、1895年春から1905年春までローマで受けた印象記。ヴァーノン・リーは12歳から17歳までをローマで過ごした。その後ローマを離れ、数年後、再びローマを訪れた時、ローマの魅力を再発見したと序文で述べている。リーはfamiliarityとastonishmentを同時に感じたと述べ、それはローマゆえのことだとしている。そして、次のように書いている。"What I meet in Rome is Rome itself. Rome is alive (only the more so for its occasional air of death), and one is too busy loving, hating, being harassed or soothed, and ruminating over its contradictions, to remember much of the pains and joys which mere mortals have given one in its presence." また、ローマについて"Decidedly Rome was never more Roman than at present"と述べ、過去と現在が融合した当時のローマを称揚している。さらに、"Rome, as I said before, is all theatre scenes; marvellous coup d'oeils."とも書いている。
       リーは当時最新の自転車を使ってローマ各地をまわっている。

  • 1908年 Gospels of Anarchy and Other Contemporary Studies
    • Gospels of Anarchy

       H.G.ウェルズに捧げられたエッセイ集。anarchyとlawの対立をテーマとした一連のエッセイを収録。冒頭の'Gospel of Anarchy'では、"what we are suffering from is lack of discrimination, paucity of methods, insufficiency of formulas; and what we want is not less law, but more law"と述べている。また、現代のエゴイストについては"the sort of person who tolerates evil for want of the self-discipline and consistency necessary to stop it"と述べている。
       他に、'Emerson as a Teacher of Latter-Day Tendencies','Deterioration of Soul','Tolstoy as Prophet','Tolstoy on Art','Nietzche and the "Will of Power"','Professor James and the "Will to Believe"','Rosny and the French Analytical Novel','The Economic Parasitism of Women','Ruskin as a Reformer','On Modern Utopia','A Postscript About Mr. Wells'を収める。 このうち、'The Economic Parasitism of Women'についてはこちらを参照

  • 1909年 Laurus Nobilis: Chapters on Art and Life
    • Laurus Nobilis

       美術関連のエッセイ集。芸術が人生に及ぼす影響について考察している。タイトルについてリーは次のように書いている。"The Bay Laurel―Laurus Nobilis―for a symbol of all art, all poetry, and all poetic and artistic vision and emotion.....And it (the title of the book) has suggested, I hope, the contents of the following notes; the nature of my attempt to trace the influence which art should have on life." さらに、"Beauty, save by a metaphorical application of the word, is not in the least the same thing as Goodness, any more than beauty (despite Keats' famous assertion) is the same thing as Truth. "
       構成は、 'The Use of Beauty','"Nisi Citharam"','Higher Harmones','Beauty and Sanity'(音楽の効用について),'The Art and the Country'(イタリア諸都市とその美術について),'Art and Usefulness'(トルストイラスキンを論じる。芸術と人生の関連について、"Art is born of the utilities of life; and art is in itself one of life's greatest utilities."(P.279.)と書いている。),'Wasteful Pleasures'(スポーツ・ハンティングに対する興味深い記述がある)からなる。例えば、動物を殺すことと男性性の関連について次のように書いている。"Killing animals (and, some persons would add, killing other men) is necessary to keep man manly. And where men are no longer manly they become cruel, not for the sake of the sport or war, but for their lusts and for cruelty's own sake."(P.307.)
       ヴァーノン・リー文学のキーワード"sympathy"については、"as the word sympathy is intended to suggest, this subduing and yet liberating, this enlivening and pacifying power of beautiful form over our feelings is exercised only when our feeling enter, and are absorbed into, the form we perceive; so that (very much as in the case of sympathy with human vicissitudes) we participate in the supposed life of the form while in reality lending our life to it." (P.259.)そして、"out of practical utility has arisen the art itself, and the need for it. The attention, the familiarity which made beauty enjoyable has previously made beauty necessary." (P.263.) と書いている。
       音楽についての記述も多く、"music should be so far the most really alive of all our modern arts"とか、"For music is of all arts the one which insists on most co-operation on the part of it votaries"とし、さらには"It is no exaggeration to say that in our time it is only artists who get real pleasure out of art, because it is only artists who approach art from the side of work and bring to it work's familiar attention and habitual energy."、あるいは"music is the art which has most share in life and of life, nowadays. It seems probable therefore that its especial mission may be to keep alive in us the feeling and habit of art, and to transmit them back to those arts of visible form to which it owes, perhaps, the training necessary to its own architectural structure and its own colour combinations"とも書いている。

  • 1912年 Vital Lies: Studies of Some Varieties of Recent Obscurantism
    • l,Vital Lies

       エッセイ集。タイトルはイプセンから。主としてウィリアム・ジェイムズの"Will to Believe"批判の書。'First Part: Theoretical Obscurantism', 'Second Part: Applied Obscurantism','Third Part: Epilogue'の3部からなる。
       ヴァーノン・リーはプラグマティズムについて次のように述べている。"pragmatism is being employed, as the title of Mr. Peirce's famous article has it, "to make our idea clear."そして、プラグマティスとについては、"The Pragmatists have refused to proclaim the value of what is possibly not true, and they have applied themselves to identifying that which possesses value with truth itself."と述べている。
       さらに、リーはプラグマティズムを必要としないことについて次のように述べている。"Mankind has always wanted, perhaps always required, and certainly always made itself, a stock of delusions and sophisms, of vital lies or of white lies. Every human being's thought, consciously or unconsciously, tends to accommodate itself to some wish, some use, some habit. Every opinion tends to identify itself with truth. The Will-to-Believe, the Purposive Making of Truth, are unceasingly at work. This is the reason why we have no use for the kind of Pragmatism which teaches us the testing of truth by its utility, the identification of truth with opinion, which preaches this universal and ineradicable vice of all our thinking as a self-righteous, a self-assertive virtue." (Vital Lies, 33.)
       そして、リーは'Vital Lies'の必要性について次のように説く。"fallacies, mistakes, nay falsehoods, may sometimes have remarkably life-preserving and life-improving effects, in other words that there exists, alongside of vital truths, a by no means negligible category of vital lies." (P.99.)

  • 1914年 Louis Norbert: A Twofold Romance
    •  ヴァーノン・リー最後の長編小説。バルザックの『ルイ・ランベール』(Louis Lambert, 1832)を意識したタイトルとも言われる

      Louis Norbert

       Lady Venetia Hammondと考古学者Schmidtがmemorial tabletに刻まれたLouis Norbert de Caritanの正体を探る話と、17世紀のLouis Norbertと恋人の詩人Artemisia del Valoreの話の、二つのロマンスから構成された小説。大部分が書簡からなる書簡体小説と言える。
       Lady VenetiaはLouis Norbertがルイ14世とMarie Manciniの子どもと推測するが、考古学者はそれに異を唱える。過去を"invent"する問題も一つのテーマと言える。Lady Venetia(リーの思想を代弁してると考えられる)はNorbertの肖像画から受けた印象をもとにNorbert像を"invent"する。対して、考古学者(リー作品でしばしば否定的に描かれる、科学的正確さを追及する人物)はそうしたVenetiaの手法を否定する。
       肖像画が重要な役割を果たしていることや、'ghost room'(Lady VenetiaがLouis Norbertの霊を感じる部屋)が登場する点など、いかにもリーらしい設定が多い。リーの'genius loci'を考えるうえでも重要な作品。
       なお、A・S・バイアットの長編小説Possession(『抱擁』)は、この小説の影響をうけているという指摘がなされている。

  • 1915年 The Ballet of the Nations: A Present Day Morality
    • The Ballet of the Nations

       のちにThe Satan the Wasterに含まれる劇。 サタンとballet masterの死神(Death)がdanse macabreを演出する。人間の情熱(human passion)と罪(Sin)、理想主義(Idealism)、英雄主義(Heroism)らが楽団を組み、'Theatre of the West'でmassacreの踊りを踊る。
       第一次大戦に対する反戦劇。ドイツを悪として描かなかったため、リーはイギリス人から非難されることになった。

  • 1925年 Proteus or The Future of Intelligence
    •  エッセイ。 'Intelligence and Proteus','Proteus and Ethics',Proteus and Aesthetics','Proteus and Intellectual Manners','Uses and Abuses'からなる。プロテウスはギリシア神話の神で、予言能力と変身能力をもつ。ヴァーノン・リーはProteusを神話の中で最も魅力的な人物の一人とし、次のように述べている。"Proteus, in my mythology, is the mysterious whole which we know must exist, but know not how to descry: Reality."後半はamateurishnessについての考察。intelligenceについては、"Intelligence is the living, changing mass of unprofessional thought, the averaged, habitual thought of the majority of us."と述べている。

  • 1926年 The Poet's Eye
    •  The Hogarth Essaysシリーズの一つとして発表された短いエッセイ。韻文と散文の技術の比較。リー自身は詩は書けない、と認めている。韻文と散文の違いに関するリーの見解について、ピーター・ガンは次のように書いている。"Proses, she (Lee) declares, was the vehicle for the expressing of fact and logical connexions between facts; poetry, being on 'the yon side of good and evil,' plays directly on our emotions." (Peter Gunn, Vernon Lee, P.223.)

  • 1927年 For Maurice: Five Unlikely Stories
    •  幻想短編集。読者の少年Maurice Baringの期待に応えるために執筆された。’The Gods and the Ritter Tanhuser>tanhuser'(1913),’ Marsyas in Flanders'(1900),'The Virgin of the Seven Daggers'(1889),'Winthrop's Adventure'(1881),'The Doll'(1899)の5編を収める。各収録作品の詳細については、「主要作品解説」の項参照。

  • 1906年 The Life of Saint Mary Magdalen
    •  14世紀のイタリアで書かれたSaint Mary Magdalenの伝記(作者不明)をValentina Hawtreyがイタリア語から英語に翻訳した本。ヴァーノン・リーが序文を付している。聖母マリアはヴァーノン・リーの作品に頻出するイメージであり、彼女にとってある種の崇拝の対象であったと思われる。マリアに対するリーの考えが窺える重要な書。

English

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional