Vernon Lee (Violet Paget)

ローレンス・スターン

ローレンス・スターン (Laurence Sterne)

Laurence Sterne

 1713~1768年。イギリスの小説家。代表作に旅行記『センチメンタル・ジャーニー』(A Sentimental Journey, 1768)、未完の小説『トリストラム・シャンディ』(Tristram Shandy, 1760~67)がある。『トリストラム・シャンディ』は脱線につぐ脱線の奇想小説として、文学史に重要な地位を占めている。

A Sentimental Journey

 ヴァーノン・リーは幼い頃からスターンの本に親しんでいた。旅行記を多くのこしたリーは自らをスターンの本のタイトルにならって"sentimental traveler'と呼んでいた。リーは『トリストラム・シャンディ』を"full of enchanting naturalness"、『センチメンタル・ジャーニー』を"immortal"と呼んでいる。自身のThe Traveler: Notes on Placesには"Montreuil"という章が設けているが、ここで詳しくスターンについて語っている。 ここではスターンのことを"most consummate of literary artists"と述べている。さらに、"Sterne and his contemporaries were saved much ineffectual fumbling for words by not seeing such things as this."とも書き、18世紀と19世紀のtravelerの違いを指摘している。
 The Handling of Wordsにおいて、リーは次のように書いている。"it is a mistake to scold, say, at Sterne or Voltaire because his works are not reliable certificates of his private behaviour." (P.127.)
English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional