Vernon Lee (Violet Paget)

レッシング

ゴットホルト・エフライム・ レッシングGotthold Ephraim Lessing)  

レッシング

 1729~1781年。ドイツの詩人、劇作家、批評家。代表作に『ラオコーン』(Laokoon, 1766)や『賢者ナータン』(Nathan der Weise, 1779)などがある。
 ヘレニズム期の彫刻『ラオコーン』を論じた美術エッセイ『ラオコーン』はのちに「ラオコーン論争」と呼ばれる論争を引き起こした。「ラオコーン論争」とは、絵画、彫刻などの視覚芸術を「空間芸術」であるとし、文学などを「時間芸術」として両者を区別することをめぐる論争である。自ら多くの芸術エッセイをものし、芸術における時間と空間の問題に強い関心を抱いていたヴァーノン・リーも当然、レッシングの著作に親しんでいた。時間の要素を内包する文学や音楽を、彫刻や絵画に比し、より理想的な芸術であるとするリーの考えは、レッシングの理論からきているのかもしれない。

Laokoon

 小説Ottilieでは、イタリア文学に憧れるChristophに、イタリア文化に精通するCouncillor Moritzが『ラオコーン』を読むように勧める場面がある。Christophは『ラオコーン』に感銘を受け、さらにヴィンケルマンの著作へと書を進めることになる。
 エッセイ集Juveniliaでは、リーはレッシングのことを"the most realistic playwright and dramatic critic of his day"と述べている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional