Vernon Lee (Violet Paget)

ラファエロ

ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi

Raffaello

 1483~1520年。イタリア・ルネサンス期の画家、建築家。レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロと並び称される画家。聖母像などで有名。代表作『アテネの学堂』(La scuola di Atene)、『レオ10世の肖像』(Leo X)など。
 ヴァ―ノン・リーの時代のイギリスではラファエロ以前の絵画への回帰を目指す「ラファエル前派」の芸術家たちが活躍していた。

『教皇レオ10世とふたりの枢機卿の肖像』

 ヴァ―ノン・リーはEuphorionその他の美術関連エッセイの中で、たびたびラファエロに言及している。例えば、'The Portrait Art'ではベラスケスの肖像画とラファエロの『レオ10世』を比較している。 リーは"But Raphael shows us all: the temperament and the character, the real active creature, with all the marks of his present temper and habits, with all the indications of his immediate actions upon him: completely without humour or bitterness, without the smallest tendency to twist the reality into caricature or monstrosity, nay, perhaps without much psychologic analysis to tell him the exact meaning of what he i painting, going straight to the point, and utterly ruthless from sheer absence of all alternative of doing otherwise than he does."と書いている。

『アテネの学堂』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional