Vernon Lee (Violet Paget)

メアリ・ウォード

メアリ・オーガスタ・ウォード(Mary Augusta Ward)

800px-Mrs_Humphry_Ward_(Mary_Augusta_Ward_(née_Arnold))_by_Julian_Russell_Story

 1851~1920年。イギリスの作家。夫はトマス・ハンフリー・ウォード。小説を発表する際にはMrs. Humphry Wardという名前を用いた。代表作にMiss Bretherton (1884)、Robert Elsmere (1888)、Lady Rose's Daughter (1903)、The Marriage of William Ashe (1905)らがある。
 信仰の問題を扱ったRobert Elsmereは論争を巻き起こしたが、ヴァーノン・リーは友人のウォードを擁護しつつ、次のように述べている。"But she (Mrs. Humphry Ward) does not sell herself; and if she has made more money by her novels than anyone since George Eliot...it isn't because she has written down to the public but because, writing her own very serious and excellent but mediocre views of religion, etc. she has happened to meet the wants of the majority." (Colby, p.96.)
 1884年にMiss Brethertonが出版された際、ペイターはこれを賞賛した。同じ年に発表されたヴァーノン・リーのMiss Brownにも一定の評価をペイターは下しているが、その温度差は明らかで、リーはそこに不満を感じたらしい。Laurel BrakeはMiss BrethertonMiss Brown、そしてペイターのMarius the Epicureanの3長編を"aesthetic questions"をテーマにしている点で共通している、と述べている。Miss BrethertonMiss Brownはともに女性の結婚の問題を扱っておきながら、両者の結婚観は著しく異なっている、ともBrakeは指摘している。(Catherine Maxwell ed. Vernon Lee: Decadence, Ethics, Aesthetics, P.52~53. )
 ヴァ―ノン・リーは書簡の中でウォードについて次のように述べている。"Mrs. Ward was extremely friendly; she struck me as so complete the unfortunate woman of letters who is forced to squeeze into her work more wits than she has in her head."(Colby, Vernon Lee, PP.344~345.)
 一方、ウォードはリーについてリーの友人キットに対し次のように語っている。"I went to Vernon Lee's lecture and it was like a new world to me. It has made things look quite different." (Colby, Vernon Lee, P.175.)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional