Vernon Lee (Violet Paget)

マネ

エドゥアール・マネ(Edouard Manet

Manet

 1832~1883年。フランスの画家。印象派を代表する画家。『草上の昼食』(The Luncheon on the Grass, 1863)や『オランピア』(Olympia, 1863)といった代表作で物議をかもしたが、のちの印象派の画家たちの活躍の道を開いた。
 ヴァ―ノン・リーは対話形式のエッセイ集Baldwin収録の'The Value of the Ideal'でマネの代表作の一つ『フォリー・ベルジェールの酒場』(Bar of the Folies Bergeres,1882)に言及している。登場人物の一人は、この絵がリアリズムに徹するあまり、魅力のないものになっている、と述べている。ただし、リーの印象派に対する評価は概ね好意的である。

『フォリー・ベルジェールの酒場』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional