Vernon Lee (Violet Paget)

ポール・ブールジェ

ポール・ブールジェPaul Bourget

Bourget

 1852~1935年。フランスの作家、批評家。代表作に『弟子』(Le Disciple, 1889)、『近代心理論集』(Essais de psychologie contemporaine)などがある。
 ブールジェはリー兄妹やメアリ・ロビンソンらと交流があった。リーは書簡の中で、たびたびブールジェのエッセイを読んでいることや、ブールジェについて友人と語りあったことに言及している。リーの兄ユージーンはブールジェのCruelle énigme(1885)について、"sensationally popular exposé of sexual and political corruption in French high society"(Colby, Vernon Lee, P.346.)と述べている。
 1884年のEnrico Nencioni宛ての書簡の中で、リーは次のように書いている。"Right now Paul Bourget is here, of whom you certainly know the Studie de Psychologie Contemporaine. He is a pessimist and thinks France is all but dead; ugly in a Frenchman." (Complete Letters Volume 1, P.565.) ブールジェの小説Mensongesに触れている書簡もある。(Complete Letters, Volume 2, P. 411.)
 1887年の書簡において、リーはフランス語で次のように書いている。"Les anglais ne supporteraient que très mal ce luxe de détails psychologiques des petits romans de Bourget et de Maupassant." (Complete Letters, Volume 2, p.320.)
 リーの友人の一人、ヘンリー・ジェイムズはリー宛ての手紙の中で次のように述べている。"Yes, Bourget is very interesting and very exasperating. I am sorry for him-and hope for him again this season in town." (Complete Letters, Volume 2, P.39.) また、メアリー・ロビンソン宛の1887年の書簡において、ブールジェの小説André Corneliusについて、次のように書いている。"Of course you have read André Cornelius, dreadfully well done & mechanical. It is sad, as Henry James says, that Bourget's first not indecent novel should be so woefully dull: it will make him indecenter than ever, for André Cornelius seems voted a failure on all hands. (Complete Letters, Volume 2, P.295.)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional