Vernon Lee (Violet Paget)

ポッライオーロ

アントニオ・デル・ポッライオーロAntonio del Pollaiolo

 1429~1498年。イタリア・ルネサンス期の画家、彫刻家、金細工師。弟ピエロとともにフィレンツェの商人を顧客に抱えた工房を営み、先代までの鶏肉屋(ポッライオーロ)にちなんでこう呼ばれる。
 ヴァーノン・リーはEuphorionの'Symmetria Prisca'の中で、何回かポッライオーロに言及している。彫刻家としてのポッライオーロについて、リーは「解剖学的」であるとし、裸のローマの戦士を聖セバスチャンの殉教のように表現するとしている。

 portrait

 Laurus Nobilis収録の'The Art and the Country'では、ポッライオーロウッチェロギルランダイオらの作品には'distressing confusion, a sort of dreary random packing'があるとしている。
 Renaissance Fancies and Studiesの'A Seeker of Pagan Perfection'では"There is an anatomical engravings by Antonio Pollaiolo, one of the strongest realists of his time"と書いている。
 ローマの印象記The Spirit of Romeでは、できればポッライオーロの墓を訪れたい、とリーは述べている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional