Vernon Lee (Violet Paget)

ボードレール

シャルル=ピエール・ボードレールCharles=Pierre Baudelaire

ボードレール

 1821~1867年。フランスの詩人、評論家。象徴派を代表する詩人で、「近代詩の父」と呼ばれるほど大きな影響を後世に及ぼした。代表作に『悪の華』(Les Fleurs du Mal,1857)がある。
 ヴァーノン・リーはエッセイにおいてたびたびボードレールに言及している。Laurus Nobilis収録の 'Beauty and Sanity'では、ボードレールの "De la realite grands esprits contempteurs"という詩の一節を引用し、芸術と正気(sanity)の問題を論じている。リーはボードレールをイギリスの詩人スウィンバーンらと同列に扱い、好んではいなかったようである。

Fleurs du Mal

 Baldwinにおいて、Baldwin(ヴァーノン・リーのマウスピース)は"I consider the personality of Baudelaire, for all his genius, as that of a vicious cad."と述べる。さらに、ボードレールのpessimismの秘密は"rebellious and murderous"であるとしている。
 短編'A Wicked Voice'において、語り手は肖像画に描かれた「悪魔の歌声」の持ち主、ザッフィリーノの顔は、スウィンバーンボードレールを読んだときに夢に出るような顔であるとし、その顔は"that effeminate, fat face of his almost beautiful, with an odd smile, brazen and cruel"と形容されている。
 短編「七懐剣の聖母」には、ボードレールの詩「あるマドンナに イスパニア趣味の奉納品」の影響があるとの指摘もある。この詩の最後は以下のようなものである。

  かくて最後に、マリアとしてあなたの役を完成し、
  愛情と野蛮な行為を 混淆させるため、
  眞黒な逸樂よ、怨恨に満ちた首斬り役人の
  私は、七つの大罪で、七の鋭利な懐剣を
  作るであらう、(阿部良雄 訳) 
 
 七つの短剣は通常、聖母の哀しみを表しているが、ボードレールにおいては「七つの大罪」を表している。Sondeep Kandolaはボードレールのデカダンスとスペインは"elegant and decorous stream of classical and neo-classical culture of Italy and Greece"からはずれており、それゆえ、リーはボードレールやスペインが嫌いであったとしている。(Sondeep Kandola, Vernon Lee, P.58.)
 『悪の華』のいわゆる「禁断詩編」の一つ、「レスボス」でボードレールは「淫蕩な同性愛の詩人」としてのサッフォーの名を印象付けた。女性の同性愛を淫蕩のイメージと結びつけたこともリーがボードレールを嫌った理由の一つかもしれない。
 エッセイ集Laurus Nobilisでは、ボードレールの"De la réalité grands esprits coontempteurs"という詩の一節を引用し、"a fine line"と述べている。
 また、美術評論家でもあったボードレールの彫刻論などをヴァーノン・リーのそれと比較してみるのも興味深い。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional