Vernon Lee (Violet Paget)

ホメロス

ホメロス(Homer)

Homer

 紀元前8世紀末ごろのギリシアの詩人。『イリアス』(Iliad)と『オデュッセイア』(Odyssey)の2つの叙事詩で知られ、ヨーロッパ文学の源流となる。
 ヴァーノン・リーにもホメロスへの言及は当然のように多い。短編 'A Featurelss Wisdom'では、『イリアス』の中でAphrodite (Venus) の母親とされているディオーネー(Dione)が活躍する。
 エッセイ集『ことばの美学』では、物語の視点の問題として、ホメロスの『オデュッセイア』に言及している。
 エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesでは、"and Virgil, Homer, Ovid told the most minute details about gods and goddesses, and they themselves were grave and learned men." (P.211)と書いている。
 Laurus Nobilisでは"Do we not love the Odyssey partly because of Calypso weaving in her cave, and Nausicca washing the clothes with her maidens?"と書いている。('Aesthetic Living')
 また、小説Ottilieにおいてもホメロスの名前は何度も言及される。

Iliad

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional