Vernon Lee (Violet Paget)

ホフマン

エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann)

Hoffmann

 1776~1822年。ドイツの作家、音楽家。裁判官として働く傍ら、小説家、作曲家としても活躍した。幻想文学の書き手として知られる。『砂男』(Der Sandmann, 1817)や『くるみ割り人形とねずみの王様』(Nußknacker und Mausekönig、1816)などが有名。
 人形の登場する幻想譚などは、ヴァ―ノン・リーのそれとも共通している。すなわち、ホフマンの『砂男』、そして、リーの「人形」、'Sister Benvenuta and the Christ Child'にはそれぞれ人形が登場する。

Der Sandmann

 さらに、音楽に対する強い関心や、音楽をテーマとした作品を遺している点もリーと似ている。ヴァーノン・リーの幻想短編は、ホフマンの幻想短編の影響下にあると言って良い。リーの「アルベリック王子と蛇女」はホフマンの『黄金の壺』、リーの'Winthrop's Adventure'や「悪魔の歌声」はホフマンの「クレスペル顧問官」('Rat Krespel')からヒントを得たと思われる。また、エッセイ'Chapelmaster Kreisler'(Belcaro収録)やドイツを舞台とした小説Ottilieにおいて、ホフマンに言及している。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional