Vernon Lee (Violet Paget)

ホイットマン

ウォルト・ ホイットマン(Walt Whitman)

Whitman

 1819~1892年。19世紀アメリカを代表する詩人。「自由詩の父」と呼ばれる。また、同性愛者であった。代表作に『草の葉』(Leaves of Grass,1855)がある。この詩集は後世に大きな影響を及ぼした重要作ではあるが、性的表現などにより、わいせつとして非難もされた。

Leaves of Grass

 ヴァーノン・リーは講演を依頼されることがあっても基本的に断っていた。話しているうちに本筋から話が脱線してしまうからであるが、リーはその方が面白いと考えていた。すなわち、"giving lectures"よりも"speak"の方が魅力的だと考えていた。しかし、時に講演依頼を承諾した際には、筋道だって話をするように心がけた。しかし、文章に書く際にはそうはいかず、リーはホイットマンの言葉を引用して次のように述べている。"Do I contradict myself? / Very well, then, I contradict myself."
 ヴァーノン・リーはBelcaroの'A Dialogue on Poetic Morality'の中でホイットマンに言及している。対話形式をとったこの作品の中で、登場人物の一人Cyrilは"such a man as Whitman has no immoral intention, nor is he immoral in the sense that Ariosto and Byron are sometimes immoral. The man is not a libertine, but a realist. He wishes people to live clean lives; all he says is, that everything which is legitimate, innocent, necessary in life, is also legitimate and innocent in literature. "と述べ、Baldwin(ヴァーノン・リーのマウスピース)も同意している。
 また、ローマの印象記The Spirit of Romeでは、”the Roman soil, a compost, as Whitman would say, ready manured!"と書いている。エッセイ集Vital Liesでは、ホイットマンの'Terrible Doubt of Appearances'を引用している。
 
 Of terrible doubt of appearances
 Of the uncertainty that, after all, we may be deluded...
 To me these and the like of these are curiously answered
  by my lovers, my dear friends,
 When he whom I love travels with me or sits a long
  while holding me by the hand,
 When the subtle air, the impalpable, the sense that words
  and reason hold not,
 Surround us and pervade us,
 Then I am charged with untold and untellable wisdom,
  I am silent; I require nothing further;
 I cannot answer the question of appearances or that of
  identity beyond the graves;
 But I walk or sit indifferent, I am satisfied,
 He ahold of my hand has completely satisfied me.

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional