Vernon Lee (Violet Paget)

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau)

Thoreau

 1817~1862年。アメリカの思想家詩人、作家。ウォールデン湖畔で2年あまりの自給自足の生活を送り、代表作『ウォールデン 森の生活』(Walden, or the Life in the Wood, 1854)を書いた。エマスンと交流し、超絶主義の影響を受ける。生態学的な発言も多い。その他の著作に『市民の反抗』(Civil Disobedience, 1866)などがある。

Walden

 動物愛護に関心のあったヴァーノン・リーは、ソローの思想にも関心を抱いていた。Laurus Nobilis収録の'Wasteful Pleasure'では、"It brought to my mind a passage where Thoreau, who understood such matters, says, that although the love of nature may be fostered by sport, such love, when once consummate, will make nature's love little by little shrink from slaughter, and hanker after a diet wherein slaughter is unnecessary."と書いている。 この'Wasteful Pleasure'はリーのエコロジーへの考えがよく表れたエッセイである。
 1887年の書簡の中で、リーはソローを読んでいると述べている。そこで次のように書いている。"Thoreau was a man who determined get rid of all such properties as entailed more bother than they were worth, & build himself, like Nicolette, a house in the woods, & read & looked at beautiful things." (Complete Letters, Volume 2, 421ページ)
English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional