Vernon Lee (Violet Paget)

フェィディアス

フェィディアス(Pheidias)

 B.C.490年頃~B.C.430年頃。古代ギリシア・アテネの彫刻家。ヴァーノン・リーはPhidiasと表記している。古代ギリシア最高の彫刻家で、後世に大きな影響を与えた。パルテノン神殿建設の監督を務めたと言われる。『ゼウス像』などの代表作があるが現存しない。
 エッセイ集Juveniliaでは、フェイディアスについて、リーは次のように述べている。"The Greeks of the days of Phidias possessed a familiarity with the line and boss of the human figure, a degree of realization in such matters, which was not increased, but rather diminished in after times." (Juvenilia, P.30.)
 美術エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesには、フェイディアスについて次のような記述がある。'The Love of the Saints'では、"Phidias and Bach in person, cut off from their precursors, would not, for all their genius, get as far as a schoolboy's caricature, or a savage's performance on a marrow-bone."と書いている。(P.36.)さらには、"Phidias might leave the carving of his statues to skilful workmen, once he had modelled the clay, even as the painters of the merely designing and linear schools, Perugino, Ghirlandaio, or Botticelli, might employ pupils to carry out their designs on panel or wall.(Renaissance Fancies and Studies, P.154.) とも書いている。
 ヴァーノン・リーの短編「顔のない女神」('A Featureless Wisdom')にはフェィディアスが登場する。ソクラテスの師とも言われるディオーネーに女神アテナの像の製作を依頼されたフェィディアスは、顔のない女神像を作る。人間の内面(情熱や知性)と外面の関係に関するリーの考えを知るうえで重要な作品。管理人による翻訳はこちら

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional