Vernon Lee (Violet Paget)

ピエロ・デラ・フランチェスカ

ピエロ・デラ・フランチェスカPiero della Francesca

 1414~1492年。イタリア・初期ルネサンスの画家。数学や幾何学を研究し、絵画に遠近法を取り入れた最初期の画家の一人。代表作に『キリストの洗礼』(Battesimo di Cristo)、『聖十字架伝説』(Storie della Vera Croce)など。

『キリストの洗礼』

 ピエロ・デラ・フランチェスカが再評価されたのは20世紀に入ってからと言われているが、ヴァーノン・リーは早くから彼の作品に注目していたことになる。美術エッセイ集Laurus Nobilisでは次のように書いている。"his (Francesca's) peculiarities correspond to the treatment of line and projection by those early stonemasons of the Baptistery and the Pistoia churches, to the treatment of enclosed spaces and manipulated light in those fifteenth century sacristies and chapels, to the treatment of mass and boundary in the finest reliefs of Donatello and Donatello's great decorative follower Desiderio." (P.228.)

English
前のぺージにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional