Vernon Lee (Violet Paget)

ピエトロ・メスタージオ

ピエトロ・メタスタージオ (Pietro Metastasio)

Metastasio

 1698~1782年。イタリアの詩人、オペラ台本作家。本名はピエトロ・アントニオ・ドミニコ・トラパッシ(Pietro Antonio Domenico Trapassi)。ローマ生まれ。ウィーンで名声を博した。彼の作品は各国語に翻訳され、多くの作曲家が曲をつけた。代表作に『ヘスペリデスの園』(Gli orti esperidi)、『オリンピーアデ』(L'Olimpiade, 1733)、『デモフォンテ』(Demofoonte, 1733)など。
 18世紀イタリアを代表するカストラート、Carlo Broschi (Farinelli)とも親交があり、手紙の中でFarinelliを"idol of his age"と呼んでいる。また、リーによれば、彼はFarinelliのことを"adorable Twin-Brother"と呼んでいた。それは"his voice and my verse together learned thier earliest Parnassian flights"が理由だという。
 ヴァーノン・リーが愛したグルック、ヘンデルらがメタスタージオの作品に曲をつけている。リーはStudies of the Eighteenth Century in Italyでメタスタージオの『シーロのアキレス』に触れているほか、その他の作品でも彼の作品に言及している。
 リーの'Winthrop's Adventure'や「悪魔の歌声」のヒントとなったFarinelliについて、リーはメタスタージオから情報を得ている。リーは次のように書いている。"Italy's greatest glory then was "definition of the human voice," and the ideal medium for that voice was "the old heroic opera, as perfected by Metastasio."

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional