Vernon Lee (Violet Paget)

ハーディ

トマス・ハーディThomas Hardy

Hardy

 1840~1928年。イギリスの小説家・詩人。小説家として活躍したのち、詩人に転向した。小説には厭世主義的思想が見られる。詩には自然をうたったものが多い。小説の代表作に『帰郷』(The Return of the Native, 1878)、『ダーバヴィル家のテス』(Tess of the d'Ubervilles、1891)、『日陰者ジュード』(Jude the Obscure、1895)、詩の代表作に『覇王』(The Dynasts, 1904~8)などがある。
 ハーディはリーの友人だったメアリー・ロビンソンの友人で、しばしばその家を訪問していた。リーはそこでハーディに会ったことがある。
 ハーディの作風からして、リーとの共通点は見つけにくい。強いて共通点を挙げれば、他者への共感がある。ハーディは当時横行していた動物虐待に心を痛めていた。作品の中で他者への共感を描き、それを通じての社会改革を彼は願ったとされる。
 リーのThe Handling of Wordsにはハーディの文体を扱った章がある。ここでは『テス』の文章を多く引用し、その文体を分析している。引用した文章の中で使用されている名詞、動詞の数を数え、それをキプリングら他の作家の場合と比較している。そして、ハーディの文章には形容詞が多いことに着目している。さらに、次のように書いている。"And the very faults of Hardy are probably an expression of his solitary and matchless grandeur of attitude. He belongs to a universe transcending such trifles as Writers and Readers and their little logical ways." (P.241) 同書で、リーはハーディの人気について、"tragic feeling"と"pantheistic or mythological spirit"にあるとしている。(231)
 Vernon Lee ArchiveとThomas Hardy Archiveはメイン州のColby Miller Libraryで隣同士にある。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional