Vernon Lee (Violet Paget)

ハンフリー・ウォード

トマス・ハンフリー・ウォード(Thomas Humphry Ward)

 1845~1926年。イギリスの作家、ジャーナリスト。妻は小説家のメアリ・ウォード。オックスフォード大学で学び、Brasenose collegeのフェローとなる。Times誌の編集を勤めたほか、代表的な仕事にThe English Poetsの編纂やThe Rein of Queen Victoriaなどがある。
 ウォルター・ペイターとは大学の同僚で、交流があった。1881年、友人のメアリ・ロビンソンとともにオックスフォードを訪れたヴァーノン・リーは、そこでウォード夫妻と出会った。
 ラッセル・スクウェアにあったウォードの家を訪れたリーは"the height of aesthetic desolation"と評した。(Colby, p.80.)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional