Vernon Lee (Violet Paget)

ハクスレー

オルダス・レオナード・ハクスレーAldous Leonard Huxley

Huxley

 1894~1963年。イギリスの小説家。生物学者のトマス・ヘンリー・ハクスレーは祖父にあたる。(トマス・ヘンリー・ハクスレーの科学について論文がリーに影響を及ぼした可能性は強い。)代表作に『恋愛対位法』(Point Counter Point, 1928)や『すばらしい新世界』(Brave New World, 1932)などがある。SF的趣向の作品や、神秘主義思想で知られる作家。

Brave New World

 ヴァーノン・リーとハクスレーの作風に共通点が多いとは言い難い。だが、ヴァーノン・リーはハクスレーと親交があった。二人が友人になったとき、リーは既に70代であった。ハクスレーはリーの旅行記を高く評価していた。戦争中に二人はGarsingtonにあったLady Ottiline Morrellの家で会っている。Vineta Colbyの伝記によると、ハクスレーはリーの話すイタリア語は完全にTuscanのものであったと語ったという。1917年にはハクスレーはリーと食事をともにしている。(an evening with Vernon Lee―each trying to get his or her word in edgeways)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional