Vernon Lee (Violet Paget)

ドストエフスキー

フョードル・ ドストエフスキー(Fyodor Dostoyevsky

ドストエフスキー

 1821~1881年。ロシアの代表する小説家。代表作に『罪と罰』(Crime and Punishment,1866)、『カラマーゾフの兄弟』(The Brothers Karamazov,1880)など。
 トルストイに比べて、ドフトエフスキーへの言及はリー作品には多くはない。ヴァーノン・リーはエッセイ集Baldwinの'Of Doubts and Pessimism'でドストエフスキーに言及している。ここでは罪や悲観主義について考察していて、その中でラスコーリニコフとソニヤの'magnificent scene'を例として挙げている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional