Vernon Lee (Violet Paget)

ティッツイアーノ

ティッツィアーノ・ヴェチェリオ(Tiziano Vecellio

Titian

 1488(90)年頃~1576年。ティントレットと並び、イタリア・ルネサンス期のヴェネツィア派を代表する画家。代表作に『バッコスとアリアドネ』(Bacchus and Ariadne)、『聖母被昇天』(Assumption of the Virgin)、『ウルビーノのヴィーナス』(Venus of Urbino)など。英語表記はTitian。
 ヴァーノン・リーはEuphorionその他の作品で、ティッツイアーノに言及している。ティッツィアーノと言えば、優雅な色彩表現で知られる画家であるが、リーもティッツィアーノを、ミケランジェロが形態の芸術家であるのと対照的に、色彩の芸術家であるとしている。リーにおいては、偉大な色彩の芸術家としてのティッツィアーノはジョルジョーネと同列に扱われている。
 短編'Oke of Okehurst'には次のような一節がある。(’I'は語り手の肖像画家)"I don't believe, you know, that even the greatest painter can show what is the real beauty of a very beautiful woman in the ordinary sense. Titian's and Tintoretto's women must have been miles handsomer than they have made them.Something-and that the very essenceーalways escapes, perhaps because real beauty is as much a thing in time-a thing like music, a succession, a seriesーas in space."この一節は、リーにとって真の美とは動きに宿る、換言すれば時間に属するものだという考えを表している。

Bacchus and Ariadne

 美術エッセイ集Laurus Nobilisでは、ティッツィアーノのBacchus and Ariadneにmasterpieceとして言及している。
 後期の著作Beauty and Uglinessでは、ティッツィアーノの『聖愛と俗愛』(Sacred Love and Profane Love)を例にして、芸術鑑賞における感情移入(empathy)を説明している。リーによれば、この絵の鑑賞者は、絵の中の動きを無意識に感じ取り、調和と生命力を経験する。("viewers unconsciously imitate the inner movement and balance of the painting and experience a pleasurable sensation of harmony and increased vitality. Vineta Colby, Vernon Lee, P.157.) さらに、リーは "This supreme quality, which has its analogous one in every department of art, constitutes the picture into such a whole that we, in beholding, are not only made happy, but enclosed, forbidden to escape or lapse, and forced to move through every detail of a mood of happiness. Life outside seems obliterated, and the moment of consummate, self-effacing feeling to have come, and, as in the case of Faust, to have been fixed."と書いている。

Sacred Love and Profane Love

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional