Vernon Lee (Violet Paget)

ダヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci

Leonardo da Vinci

 1452~1519年。イタリア・ルネサンス期の芸術家。絵画、彫刻、建築など様々な分野に手を染め、万能の天才と呼ばれる。代表的作品に『モナリザ』(Mona Lisa or La Gioconda)や『最後の晩餐』(The Last Supper, 1498)がある。
 レオナルドの『モナリザ』を再評価したのはウォルター・ペイターであるが、『ルネサンス』におけるモナリザの描写は、世紀末的ファム・ファタールの典型として有名である。ペイターの描写するモナリザは、例えばオスカー・ワイルドのような世紀末の芸術家に大きな影響を与えた。様々な経験を宿し謎の笑みを浮かべるモナリザは多くの人々を魅了しているが、過去から蘇り、男性を死に導いたり、結婚を破壊したりするヴァ―ノン・リー作品の女ゴースト(例えば、'Amour Dure'に登場するメディアのゴースト)の造形に、『モナリザ』が影響を与えた可能性がある。
 美術エッセイ集The Beautifulの'The Storage of Emotion'において、ヴァーノン・リーは芸術の模倣について論じる中、レオナルドの名に言及し、次のように書いている。"But Leonardo is a name to conjure with, and in this case to destroy the conjurer himself: the word Leonardo implies an emotion, distilled from a number of highly prized and purposely repeated experiences, kept to gather strength in respectful isolation, and further heightened by a thrill of initiate veneration whenever it is mentioned. " このエッセイでは"Leonardo-emotion"という言葉を用いている。さらに、"And Leonardo's systems of whirling interlaced circles will merely baffle (the "enigmatic" quality we hear so much of) the perfunctory beholder."とも書いている。
 同じく美術エッセイ集Laurus Nobilisでは、レオナルドのAnnunciationに言及している。(P.226.)また、"After the painters born between 1450 and 1460, there are no more genuine Tuscans. Leonardo, once independent of Verrocchio and settled in Lombardy, is barely one of them." (P.231.) と書いている。

『モナリザ』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional