Vernon Lee (Violet Paget)

ダヌンツィオ

ガブリエーレ・ダヌンツィオGabriele D'Annunzio

ダヌンツィオ

 1863~1938年。イタリアの詩人、作家、劇作家。デカダン派の詩人。後期はファシスト的政治活動に参加したことでも知られる。主な作品に、Primo vere(『早春』1879)、Il Trionfo della Morte(『死の勝利』1894)など。

Il Trionfo della Morte

 ダヌンツィオCronaca Bizantinaという雑誌の編集に携わっていたことがあり、ヴァーノン・リーは1885年にその雑誌に寄稿したことがある。ピーター・ガンによれば、1887年、ダヌンツィオに面会したリーはダヌンツィオのことを"a little blond chap....rather like an inferior Boutourline. He is not at all coming on, and has good manners....Still I suspect him rather of beingーwellーNeapolitan."と母親に語ったという。
 ヴァーノン・リーは『ことばの美学』の中で、ローマの劇場で行われたダヌンツィオの『ガルバルディに寄す歌』の朗読会に参加したことに言及している。リーはダヌンツィオが読む詩が聴衆にもたらす効果に驚いたと記している。すなわち、人間が書くものは、その人間よりも優れたものになることの例として、この朗読会に触れているのであり、ダヌンツィオ自身のことは「取るに足らない人間」、「ひどく平凡な者」としている。また、同書の中で"the wearisome hollowness of magnificent artists in words like D'Annuzio"と書いている。(The Handling of Words, 118)また、ダヌンツィオの"slow tempo"は読者に"mesmeric effect"を与えるとしている。(Gunn, P.217.)
 リーはダヌンツィオに言及する際、しばしばスウィンバーンの名前を一緒にあげているが、リーにとって二人は同類の詩人であったようで、ともにリーの好きな詩人ではなかった。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional