Vernon Lee (Violet Paget)

スティーヴンスン

ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンスンRobert Louis Balfour Stevenson

Stevenson

 1850~1894年。スコットランドの小説家。『宝島』(Treasure Land,1883)『ジキル博士とハイド氏』(The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde,1886)などの作品で知られる。ヴァーノン・リーが愛した作家の一人。
 ヴァーノン・リーは『ことばの美学』において、スティーヴンスンの文体に触れている。具体的には、スティーヴンスンの『カトリオーナ』(Catriona, 1893)と『誘拐されて』(Kidnapped,1886 )を取り上げ、これらの小説にプロット上は必要不可欠と言えないエピソードが含まれていることに注目。そうしたエピソードは作中人物に向けてのものではなく、読者に向けられたものであり、読者に作用を及ぼすことを意図していると指摘している。
 スティーヴンソンの動詞の使い方については次のように書いている。"Stevenson, by introducing verbs of movement about things which are motionless, supplies that sense of activity which we get from the fact of the person spoken of being in movement (the woman, remember, was waiting at table), and which he could not keep on reiterating. (217.)

The Master of Ballantrae

 また、偉大な作家であるためには、偉大な個人であることが必要であるとして、その例にスティーヴンスンの名をあげている。また、『バラントレーの若殿』(The Master of Ballantrae, 1889)の人物はいつも興奮しているように作用しているとし、フローベールの『サランボー』(Salammbô,1862)の人物よりも評価している。
 旅行記The Sentimental Travelerでは、スティーブンスンの風景描写について、"Stevenson's "Cevennes" have no disorder save of rocky wilderness."と書いている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional