Vernon Lee (Violet Paget)

スタンダール

スタンダール(Stendhal)

スタンダール

 1783~1842年。フランスの小説家。本名メアリ=アンリ・ベール(Marie=Henri Beyle)。フランス・ロマン派を代表する作家。代表作に『恋愛論』(De l'amour, 1822)、『赤と黒』(Le Rouge et le Noir, 1830)、『パルムの僧院』(La Chartreuse de Parme,1839)など。
 ヴァーノン・リーはスタンダールの小説を愛読していた。ピーター・ガンはリーが愛した作家としてスタンダールトルストイをあげている。同じく伝記作家Vineta Colbyもリーがスタンダールを愛読していたことや、スタンダールに言及していたことについて言及している。
 Gospels of Anarchyの中では、"the school of sympathizing, personal, in a way unprofessional novelists whose greatest representative is Tolstoi,....followed closely by Stendhal, Thackeray, and our golden but clay-footed idol, Meredith." と記している。(Colby, Vernon Lee, P.277.)
 そのほか、兄ユージーン宛ての手紙の中でスタンダールLa Chartreuse de Parmeに言及している。
 そのほか、兄ユージーン宛ての手紙の中でスタンダールLa Chartreuse de Parmeに言及している。("...it seems to me that the author of theChartreuse de Parmehas written a history of painting and a life of Mozart and of Metastasio, all of which have left me the sad impression of this writer's common sense and learning." Selected letters of Vernon Lee, P.129.)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional