Vernon Lee (Violet Paget)

スウィンバーン

アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンAlgernon Charles Swinburne

Swinburne

 1837~1909年。イギリスの詩人。レズビアニズムや無宗教をうたった詩の内容から非難を浴びたデカダン派の詩人。ラファエル前派の芸術家とも交流があった。マックス・ノルダウは"Swinburne is, in Magnan's phrase, a 'higher degenerate,' while Rossetti should be counted among Sollier's imbeciles."と述べ、ロセッティとスウィンバーンを比較している。(Nordau, Degeneration, P.94.)代表作に Atalanta in Calydon (1865)、Poems and Ballads(1866)など。
 ヴァーノン・リーはスウィンバーンの詩が好きではなかった。エッセイ集Baldwinの登場人物Baldwin(リーのペルソナ)は "I condemn Swinburne, in the poem you allude to, a hundred times worse, because he has no possible moral intention to plead, because his abomination are purely artistic."と対話相手に語る。ここでのスウィンバーンの詩とは Poems and Balladsに収録された詩のことである。リーはセックスに関する暗示を詩に含めるスウィンバーンのやり方を嫌った。
 また、『ことばの美学』では、スウィンバーンら芸術至上主義者の詩は、人生哲学がないゆえに不毛であるとしている。

Atalanta in Calydon

 一方、スウィンバーンは世紀末文化に現れる「ファム・ファタール」のイメージの確立に大きく貢献しており(例えば1868年発表のエッセイ'Notes on Designs of the Old Masters at Florence'などで)、ヴァーノン・リーの作品に現れるファム・ファタール、とりわけ'A Wicked Voice'に登場するザッフィリーノに大きく影響を与えていることが指摘されている。Catherine Maxwellは次のように述べている。"her (Vernon Lee's) portraits of Zaffirino and other of her fatal women are clearly influenced by Swinburne's impressionistic descriptions; one obvious source being a lengthy passage in Swinburne's 1868 essay 'Notes on Designs of the Old Masters at Florence' where he describes Michelangelo's designs of a snake-like woman whom, in one instance, he calls 'the deadlier Venus incarnate." (Catherine Maxwell ed. Vernon Lee: Decadence, Ethics, Aesthetics, p.36.)

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional