Vernon Lee (Violet Paget)

ジョージ・メレディス

ジョージ・メレディス(George Meredith)

George Meredith

 1828~1906年。イギリスの小説家、詩人。アイロニーとウィットに溢れる作風は、夏目漱石に影響を与えたとされている。代表作に『リチャード・フェヴェレルの試練』(The Ordeal of Richard Feverel, 1859)『エゴイスト』(The Egoist, 1879)などがある。
 ヴァ―ノン・リーはThe Handling of Wordsのなかでメレディスの文体を分析している。なかでもThe Adventures of Harry Richmond(1871)から500字にのぼる文章を引用し、そこに159の名詞・代名詞、66の動詞・verbal participle、25のadjectival participle、1のbut、12のand、2のセミコロン、30の文があると分析している。そして、こうした文体がメレディスの本を"careless or unintelligent readers"にとって"sealed book"にしていると述べている。
 Gospels of Anarchyでは、メレディスのことを"our golden, but clay-footed idol, Meredith"と述べている。
 長編Louis Norbertでは、登場人物の一人Lady Venetiaの書簡のなかに、"So like a magnified, vulgarised Sir Willoughby Patterne, with "he has a leg"(though I always think Meredith overdoes that leg!), perpetually posing and expecting the women to do all the love-making and the faithfulness!"という一節がある。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional