Vernon Lee (Violet Paget)

ジョージ・バーナード・ショウ

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)

Bernard Shaw

 1856~1950年。アイルランドの劇作家、評論家。ノーベル文学賞を受賞した。代表作に『人と超人』(Man and Superman,1903)、『ピグマリオン』(Pygmalion,1913)など。
 ショーはイギリスへイプセン劇を紹介したことでも知られ、イプセン劇からタイトルをとったエッセイ集Vital Liesを書いたヴァ―ノン・リーは当然ショーを意識していたと思われる。
 ちなみに、マックス・ノルダウはイプセンもショーも批判しているが、ショーによれば、ノルダウが"degenerate"と呼ぶものは大部分の人間が共有するものである。
 ショーはリーの反戦劇Satan the Wasterを次のように評している。"This book is something more than the latest literary product of a well known author. It is a trophy of the war for England. It proves what everyone has lately been drawn to doubt, that it is possible to be born in England and yet have intellect." 一方、次のようにも述べている。"The problem remains, how is it then possible for a nation to produce a woman like Vernon Lee, and at the same time choose Mr.Lloyd George and Sir Edward Carson as its dictators?" (Colby, Vernon Lee, P.306.) さらに、ショーは"Vernon Lee is English of the English, and yet held her intellectual own all through. I take off my hat to the old guard of Victorian cosmopolitan intellectualism, and salute her as the noblest Briton of the all."とも書いている。(Gunn, Vernon Lee, P.209.)
 Vineta Colbyによれば、ショーはロイド・ジョージが欠いていた美徳の典型であるとヴァ―ノン・リーのことを捉えてた。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional