Vernon Lee (Violet Paget)

ジョット

ジョット・ディ・ボンドーネ(Giotto di Bondone

Giotto

 1276年頃~1337年。中世イタリアの画家。イタリア・ルネサンスの先駆となった。代表作に『キリスト哀悼』(Lamentation)、『荘厳の聖母』(Ognissanti Madonna)、『火の試練』など。
 ヴァーノン・リーはEuphorionの 'Symmetria Prisca'と'The Portrait Art'の中で、詳しくジョットを論じている。前者においては、"Giotto had observed Nature with passionate interest, because, although its representation was only a means to an end, it was a means which required to be mastered; and as such became in itself a sort of secondary aim."と述べ、さらに"Giotto's forms are willfully incomplete, because they aim at mere suggestion"と述べている。後者では、ジョットにおいては、すべての芸術は建築的効果の従属していた、としている。また、ジョットの絵は理想を目指しながら、細部はリアリスティックで、絵の中の人物には信仰心がない、などとしている。
 また、マザッチョシニョレッリギルランダイオマンテーニャらを「ジョット派」と分類し、'The Giottesque are more than decorative artists, they are decorators in the most literal sense."と述べている。同書の中の'Symmetria Prisca'では、"Giottesque art is not innocent art, it is generalized art; it is an art of mere outline"と述べている。
 美学エッセイLaurus Nobilisでは、フィレンツェにある有名なジョット-のbelfryについて"beautiful"と述べている。さらに、同書で"Giottesque paintings had the cosmopolitan as distinguished from local, quality of the Middle Age, and of the Franciscan movement"(P.222.)と書いている。
 同じく美術エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesでは"Moreover, the Giottesques―among whom I include the immediate precursors, sculptors as well as painters, of Giotto―put into their Scripture stories an amount of logic, of sentiment, of dramatic and psychological observation and imagination more than sufficient to furnish out the works of three generations of later comers."と書いている。
 他にもThe Beautifulでもジョットーに言及している。

『キリスト哀悼』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional