Vernon Lee (Violet Paget)

ジュール・ヴェルヌ

ジュール・ヴェルヌ(Jules Gabriel Verne)

Jules Verne

 1828~1905年。フランスの小説家。SF小説、秘境冒険小説を多数のこし、H・G・ウェルズと並びSFの父とも呼ばれる。代表作に『十五少年漂流記』(Deux Ans de vacances, 1888)、『海底2万マイル』(Vingt Mille Lieues sous les mers, 1870)、『月世界へ行く』(De la Terre à la Lune, 1865)、『地底旅行』(Voyage au centre de la terre, 1864)などがある。
 ヴァーノン・リーのヴェルヌへの言及は多いとは言えないが、The Handling of Wordsにおいて次のように述べている。"And even more certain is it that several early years of mine were spent in the company less of my flesh-and-blood playmates than in that of the Swiss Family Robinson (a fifth son thereof myself!) and of Jules Verne's scientific argonauts. (The Handling of Words, P.282.) ヴェルヌの冒険小説と、リーの作品の間に類似点を見出すのは難しいが、ヴェルヌはリーの愛読書だったようだ。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional