Vernon Lee (Violet Paget)

ジャン・バティスト・ラシーヌ

ジャン・バティスト・ラシーヌ(Jean Baptiste Racine)

Jean Racine

 1639~1699年。フランスの劇作家。フランス古典劇を代表する悲劇作家。代表作に『アンドロマック』(Andromaque、1667)、『フェードル』(Phèdre、1677)などがある。

Andromaque

 長編小説Louis Norbertのなかで、ヴァーノン・リーはラシーヌの『ベレニス』(Bérénice、1670)に言及している。これは5幕ものの悲劇で、ローマの皇帝ティテュスとパレスチナの女王ベレニスの恋愛を描いた物語である。リーのLouis Norbertはヒロインが17世紀のLouis Norbertの人物像を肖像画や書簡から探る物語であるが、リーはルイ14世とMarie Manciniの関係をティテュスとベレニスの関係になぞらえている。リーは次のように書いている。"Titus, who sacrifices his love for the Jewish princess to the Raison d'Etat of ancient Rome is Louis ⅩⅣ; Berenice, who refused to be jilted is Marie Mancini."
 なお、リーの母、マチルダはラシーヌを愛読していた。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional