Vernon Lee (Violet Paget)

シラー

ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーJohann Christoph Friedrich von Schiller

200px-Gerhard_von_Kügelgen_001

 1759~1805年。ドイツの詩人、劇作家。ゲーテと並ぶ「シュトルム・ウント・ドランク」運動の中心となる古典主義者。主要作品に『群盗』(Die Räuber、1781)、『ヴィルヘルム・テル』(Wilhelm Tell、1804)などがある。また、カントの影響下に、美学論も書いており、その方面の作品としては『カリアス書簡』(Kalias oder Über die Schönheit, 1793)、『人間の美的教育について』(Über die ästhetische Erziehung des Menschen, 1795)などがある。
 ヴァーノン・リーはLaurus Nobilis収録の 'The Use of Beauty'において、次のように書いている。Indeed, it has long been remarked (the poet Schiller working out the theory) that, as there is in man's nature a longing for mere unconditioned exercise, one of Art's chief missions is to give us free scope to be ourselves....Art may surely become the training-place of our soul. Art may teach us how to employ our liberty, how to select our wishes: employ our liberty so as to respect that of others; select our wishes in such a manner as to further the wishes of our fellow creatures."
 シラーを含むドイツ美学は、ヴァーノン・リーにも強い影響を与えたと思われる。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional