Vernon Lee (Violet Paget)

ゴヤ

フランシスコ・ ゴヤ(Francisco Goya

Goya

 本名フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco José de Goya y Lucientes, 1746~1828年)。スペインの画家。ベラスケスと並ぶスペインを代表する画家で、宮廷画家として活躍した。晩年は聴力を失い、「黒い絵」と呼ばれる人間の暗部を描いたような陰鬱な絵を遺した。この分野の代表作としては『わが子を喰らうサトゥルヌス』などがある。油彩の他に版画も多数遺す。また、『マドリード、1808年5月3日』ではナポレオン軍の蛮行を描き、戦争を非難した。代表作に『裸のマハ』、『着衣のマハ』、『カルロス4世の家族』、版画集『戦争の惨禍』など。
 ヴァーノン・リーは美術エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesにおいて、ゴヤに触れている。彼女は次のように書いている。"Like Dürer and Rembrandt, the great Spaniard (Goya) is at once extremely realistic and extremely imaginative. But his realism fidelity, not to the real aspect of things, of the thing in itself, so to speak, but to the way in which things will appear to the spectator at a given moment. He isolates what you might call a case, separating it from the multitude of similar cases, giving you one execution where several must be going on, one firing off of a canon, one or two figures in a burning or a massacre." なお、Christa Zornは、リーのゴヤ評にはペイターの影響が濃厚であるという。(Christa Zorn, Vernon Lee, P.53.)

『マドリード、1808年5月3日』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional