Vernon Lee (Violet Paget)

ギルランダイオ

ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)

 1449~1494年。イタリア・ルネサンス期の画家。フィレンツェで主に宗教画を描いた。ヴァーノン・リーはGhirlandajoと表記している。ミケランジェロの師匠としても知られ、リーもミケランジェロのmasterであるとしている。代表作に『洗礼者の誕生』、『最後の晩餐』など。
 ヴァ―ノン・リーはEuphorionの'Symmetria Prisca'の中で繰り返し、ギルランダイオに言及している。リーは15世紀のantique exampleに固執した偉大なanatomistとしてヴェロッキオ、ドナテルロ、ポッライオーロと並んでギルランダイオの名をあげている。また、"the grand attitude and draperies of Ghirlandajo's Zachariah with the vulgar dress and movements of the Florentine citizens surrounding him"とも書いている。
 Renaissance Fancies and Studiesではギルランダイオペルジーノ、ボッティチェルリとともにlinear schoolと呼んでいる。

『洗礼者の誕生』

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional