Vernon Lee (Violet Paget)

ギルマン

シャーロット・パーキンス・ギルマンCharlotte Perkins Gilman

Gilman

 1860~1935年。アメリカの小説家・社会思想家・フェミニスト。Charles Walter Stetsonと結婚したこと(のちに離婚)から、ヴァーノン・リーはMrs. Stetsonと呼んでいる。Women and Economics: A Study of the Economic Relation between Men and Women as a factor in Social Evolutionの作者として知られる。また、短編「黄色い壁紙」('The Yellow Wallpaper')も怪奇短編の名作として名高い。

The Yellow Wallpaper

 ヴァーノン・リーのエッセイ'The Economic Parasitism of Women'はギルマンのWomen and Economicsの序文として書かれたものである。リーは'I believe that "Women and Economics" ought to open the eyes, and, I think, also the hearts, of other readers, because it has opened my own, to the real importance of what is known as the Woman Question'と述べ、ギルマンの仕事の重要性を主張している。子育てはコミュニティでなされるべきだとするヴァーノン・リーの主張は、ギルマンに由来する。また、ギルマンの"Women are oversexed"という言葉を何度も引用してもいる。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional