Vernon Lee (Violet Paget)

エマスン

ラルフ・ウォルド・エマスン(Ralph Waldo Emerson)

Emerson

 1803~1882年。アメリカの思想家、哲学者、エッセイスト。ハーバート大学で神学を学び、牧師になる。超絶主義(transcendentalism、宗教にある神ではなく、己の内なる神を信じ、self-relianceを説く思想)を主張。また、彼が1837年に行った'The American Scholar'という演説はアメリカの知的独立宣言と呼ばれる。代表的著作に『自然論』(The Nature, 1836)がある。
 ヴァーノン・リーはエマスンの著作を敬意をもって読んでいたが、その一方次のようにも書いている。"(Emerson) has forgotten human nature...(and in) his supposed union with God he has left man in the lurch." (Colby, Vernon Lee, P.277.) リーは人生をより易しく見せようとする(making life's occasional difficulties seem easier)思想(神秘主義や知的ニヒリズム)に疑問を抱いていた。

Nature

 エッセイ集Gospels of Anarchy収録の'Emerson as a Teacher of Latter-Day Tendencies'ではエマスンについて詳しく述べている。まず、"As regards Emerson, I am aware of his exceptional influence in maturing my thought"と述べ、エマスンの自身への影響を認めている。その影響力の大きさから、"The danger of Emerson's advice consists in making us believe that the actual is the potential, that what we are not we cannot become, that what we have not yet got we may never obtain"とも書いている。そして、"Emerson, like Ruskin, like Tolstoy, belongs to the category, once numerous, now daily diminishing in number, of mystics and symbolists"と述べ、リーがたびたび言及するラスキントルストイと同列にエマスンを扱っている。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional