Vernon Lee (Violet Paget)

エドマンド・スペンサー

エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)

Edmund Spenser

 1552年頃~1599年。イギリス・エリザベス朝期を代表する詩人。物語詩『妖精の女王』(The Faerie Queene)が代表作。この詩に登場する妖精の女王グロリア―ナ(Gloriana)はエリザベス1世のことで、ヴァーノン・リーもEuphorionの中で言及している。

The Faerie Queene

 リーの分類に従えば、スペンサーはボイアルド派に属することになる。リーは "In the days of the semi-atheist dramatists, all flesh and blood and democracy, Spenser steps himself in Christianity and chivalry"と述べ、ボイアルド派を復活させた詩人として、タッソーとともにスペンサーを高く評価していた。二人について、リーは"They both take refuge in a land of fiction, of romance, from the realities into which they dread to splash; a world unsubstantial, diaphanous, faint-hued, almost passionless, which they alembicize and refine, but into which there never enters any vital element, anything to give it flesh and bone and pulsing life."と記している。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional