Vernon Lee (Violet Paget)

ウルフ

ヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf)

Virginia Woolf

 1882年~1941年。イギリスの女性小説家。ジョイスと並ぶイギリス・モダニズムを代表する作家。代表作に『ダロウェイ夫人』(Mrs. Dalloway,1925),『灯台へ』(To the Lighthouse,1927)、『波』(The Waves,1931)など。第二次大戦中、自殺した。ヴァーノン・リーと同様、レズビアンであった。

A Room of One's Own

 『私だけの部屋』(A Room of One's Own,1929)はフェミニズム批評の古典で、女性の経済的自立の必要性を説くなど、ヴァーノン・リーの主張と重なる部分も大きい。また、同書の中でウルフは女性にも知的水準の高い本が書けることの例としてリーの美術批評に言及している。リーの作品の中では、初期の作品であるThe Prince of the Hundred Soupsを喜んだ。
 同じレズビアンでフェミニスト作家であった二人だが、なぜかウルフのリー評価は手厳しい。例えば、ウルフはリーのことを"garrulous baby"と呼んでいる。さらに、リーの旅行記The Sentimental Travelerについてもウルフは厳しい批評を加えている。ウルフは次のように述べている。"I am sobbing with misery over Vernon Lee, who turns good writing to vapour with her fluency and insipidityーthe plausible woman!" さらに、ウルフは日記に次のように記している。"But looseness quickly becomes slovenly. A little effort is needed to face a character or an incident which needs to be recorded. Nor can one let the pen write without guidance; for fear of becoming slack and untidy like Vernon Lee. Her ligaments are too loose for my taste."
 また、ウルフEssaysの中でリーについて次のように述べている。"But if Vernon Lee lacks the temper of the great aesthetic critic, she has many of the gifts of a first-rate disciple. She has read Plato and Ruskin and Pater with enthusiasm because she cares passionately for the subjects they deal with. Moreover, although we may doubt her conclusions or admit that thy bewilder us, her exposition is full of ingenuity, and has often the suggestive power of brilliant talk."
 また、ヴァーノン・リーの「オークハーストのオーク」とウルフのアンドロギュヌス小説『オーランド―』(Orlando,1928)の影響関係を探る研究もある。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional