Vernon Lee (Violet Paget)

ウォートン

イーディス・ウォートン(Edith Wharton)

Edith Wharton

 1862~1937年。アメリカの小説家。『無垢の時代』(The Age of Innocence,1920)や『歓喜の家』(The House of Mirth, 1905)で知られる。自伝A Backward Glance (1934)の中で何度かヴァ―ノン・リーに言及している。リーのことを"the first highly cultivated and brilliant woman I had ever known"と呼び、尊敬の念を抱いていた。
 ポール・ブールジェの紹介で1894年3月にヴァーノン・リーと知り合う。ヴァーノン・リーとその兄ユージーンについて、ウォートンは"two of the most brilliant minds I have ever met"と述べている。リー同様、サージェントの母親メアリに影響を受け、文学、美術、音楽、歴史等に関心を抱くようになる。ウォートンはヴァ―ノン・リーの案内でイタリアの庭園巡りをするなど、彼女の芸術観はリーから大きな影響を受けた。ウォートンItalian Villas and Their Gardensや小説The Valley of Decisionはヴァーノン・リーとの庭園めぐりの産物である。ウォートンは自伝において次のように述べている。

"She herself (Vernon Lee) took me to nearly all the villas I wished to visit near Florence, and it was thanks to her recommendation that wherever I went, from the Lakes to the Roman campagna, I found open doors and a helpful hospitality."

Italian Villas and Their Gardens

 一方、ウォートンはイタリア文化・歴史の研究家としてのヴァーノン・リーを賞賛しつつも、「アマチュア」と呼び、その限界も理解していたようだ。ウォートンバーナード・ベレンソンとも親しく、リーとベレンソンの仲が険悪になったことが、リーとウォートンの関係にも影を落とした。しかし、二人の関係は長く続いた。
 また、ウォートンにはゴースト・ストーリーも書いているが、これらの短編小説と、ヴァ―ノン・リーのゴースト・ストーリーとの影響関係を指摘する研究もある。
 参考 Vivian Russell: Edith Wharton's Italian Gardens

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional