Vernon Lee (Violet Paget)

ウォルター・サヴィジ・ランドー

ウォルター・サヴィジ・ランドー(Walter Savage Landor)

Walter Savage Landor

 1775~1864年。イギリスのエッセイスト・詩人。代表作にエッセイImaginary Conversations、詩Rose Alymerなどがある。
 ランド―のImaginary Conversationsは対話形式で書かれた散文で、19世紀後半にオスカー・ワイルド('The Decay of Lying'など)やヴァ―ノン・リー(Baldwin, Althea Dialogue)などの、対話形式のエッセイの道を開いた。

Imaginary Conversations and Poems

 『ことばの美学』に 'The Rhetoric of Landor'という章を設け、ランド―の文章をリーは分析している。その際、Sidney Colvinという批評家による分析を基にしている。リーは、ランド―のLeofric and Godivaの文章を引用し、それに対して批判的なコメントをしている。リーによれば、ランドーの"classical prose"は"high triumphs of literary craft"を提供してはいるが、"feeling"がない。そして、リーは次のように書いている。"Landor did not really care for what he was writing about, but only for the fact of writing. This is proved by his metaphors being not expressive, but explanatory."

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional