Vernon Lee (Violet Paget)

ウェルギリウス

ウェルギリウス(Vergilius)

Virgil

 B.C.70~B.C.19年。本名プブリウス・ウェルギリウス・マロ(Publius Vergilius Maro)。英語表記ではVirgil(ヴァージル)。古代ローマの詩人。代表作は未完に終わった『アエネイス』(Aeneid)で、ローマ建国をうたった叙事詩。
 もう一つの代表作『農耕詩』(Georgics)4巻ではオルフェウスとエウリディケの物語をうたっている。リーはこちらの作品を『アエネイス』よりも高く評価していた。このオルフェウスの物語はヴァーノン・リーがギリシア神話の中でもっとも愛した挿話であり、たびたび作中で言及しており、それにともないウェルギリウスの名前も言及されている。Belcaro収録の'Orpheus and Eurydice'では、『農耕詩』の一節を引用している。

Georgics

 Genius Lociでは、"Fluminaque antiquos subterlabentia muros"というウェルギリウスの詩の一節を引用し、"That line of Virgil, in a passage which, like so many of Dante's, show the deep power of localities over the latin mind, must naturally suggest the Adige; and bring me back to those solitary days at Verona, when I found myself returning continually to watch the great reddish swirls of the river, with the big floating mills rocked on their surface."と書いている。そして、ウェルギリウスの生誕の地Pietolaを訪れたことに言及している。
 長編小説Louis Norbertは書簡体小説であるが、Louis NorbertがAnthony Thesigerに宛てた書簡の中で、『アエネイス』の一節"Summe deum sancti custos Soractis Apollo"が引用されている。
 旅行記The Tower of the Mirrorsのタイトルはウェルギリウスに由来する。この本の冒頭でリーは次のように書いている。"I have always been fond of that story of Virgil, when he had turned wizard in the Middle Ages; how he built for himself a towerーwhose name survives in a church at Romeーwith mirrors whereby you could see whatever happened in the world's length and breadth. This Tower of the Mirrors I have at last seen with my mortal eyes."
 また、美術エッセイ集Renaissance Fancies and Studiesの"Imagination Art of the Renaissance"でウェルギリウスの名前に言及している。

English
前のページにもどる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional