Vernon Lee (Violet Paget)

ウィリアム・シャープ

ウィリアム・シャープ(William Sharp)

William Sharp

 1885年~1905年。イギリス・スコットランドの小説家、批評家。キャリアの前半はフィオナ・マクラウド(Fiona Macleod)という女性のペンネイムで作品を発表していた。後半はウィリアム・シャープ名義で発表している。ケルト的な幻想小説が特徴。
 シャープはメアリ・ロビンソンを中心としたサークルの文学者と友人で、それにはウィリアム・モリス、ホルマン・ハント、フォード・マドックス・ブラウンらが含まれる。その関係でリーとシャープにはつながりがあった。
 男性の名前で執筆したヴァーノン・リーと女性の名前でシャープには共通点が多いと思われる。
 1880年の書簡において、リーは"poor devil Sharp"と表現している。(Complete Letters, Volume 1, P.272.)また、1881年の書簡では次のように書いている。"Young Sharp, with his pink fleshy, or rather meaty face & his prominent eyes, his whole linendraper's sleekness & prettiness, is quite repulsive to me, as I think he is to Mary. He looks the incarnation of underbredness. I quite understand his poems now. In conversation very dull." (Complete Letters, Volume 1, P.293.) また、Mary RobinsonはSharpのことをsnobと考えていた、とやはり書簡の中で述べている。また、SharpのEarth's Voices(1884)に言及もしている。
 一方、SharpもリーのMiss Brownが出版された直後の手紙の中で、この長編を批判している。

前のページにもどる
English

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional